Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

評価ボードの使用

Android オープンソース プロジェクト(AOSP)のビルドと、対象のハードウェア固有バイナリを使用して、Nexus デバイスや Pixel デバイス用のビルドを作成できます。利用できる Android ビルドと対象デバイスについては、ソースコード タグとビルドをご覧ください。

また、DragonBoard 845cHiKey 960 の Android 評価ボード用のビルドも作成できます。このような評価ボードにより、非モバイル コンポーネントのベンダーも、ドライバを開発して Android リリースに移植できるようになります。評価ボードを使用すると、アップグレード作業が容易になり、新しい Android デバイスの製品化までの時間を短縮できます。また、ODM や OEM が幅広い種類の互換コンポーネントを選択できるようになることで、デバイスコストの削減が可能になり、コンポーネント サプライヤー間のイノベーションも加速します。

Google は、DragonBoard 845cHiKey 960 向けの Android 評価ボードをサポートしています。AOSP を通じてこのような評価ボードのカーネルソースやボードサポートが提供されるため、デベロッパーは、OEM 負担の少ない形で周辺機器ドライバの開発やデバッグ、カーネルの開発といったさまざまなタスクを簡単に行うことができます。

DragonBoard 845c

DragonBoard 845c は RB3 プラットフォームの一部であり、96boards.org から入手できます。

DragonBoard の画像

図 1. DragonBoard 845c

ユーザー空間のコンパイル

DragonBoard 845c に Android をダウンロードしてビルドするには、以下のコマンドを使用します。

  1. 以下のコマンドで、Android ソースツリーをダウンロードします。

    repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b master
    repo sync -j8
    
  2. 以下のコマンドで、ビルドします。

    . ./build/envsetup.sh
    lunch db845c-userdebug
    make -j24
    

ローカル イメージのインストール

  1. db845c を Fastboot モードでブートします(DragonBoard のリカバリを参照)。

  2. 次のコマンドを実行します。

    ./device/linaro/dragonboard/installer/db845c/flash-all-aosp.sh
    

あるいは、USB フラッシュ モードで db845c をブートした後に次のスクリプトを実行することで、QDL ボードのリカバリを実行することもできます。

./device/linaro/dragonboard/installer/db845c/recovery.sh

ci.android.com からイメージをフラッシュする

flash.android.com を使用すると、最新の AOSP ビルド アーティファクトを ci.android.com から簡単にテストできます。ビルドを行う必要はありませんが、テストを開始する前に AOSP の最新のブートローダーを使用して、DragonBoard 845c をあらかじめフラッシュしておく必要があります。

  1. ウェブブラウザで、flash.android.com にアクセスします。

  2. デバイスはすでにデベロッパー モードになっているため、[Get Started] をクリックして、ステップ 1 をスキップします。

  3. [available] で、「DragonBoard 845c (db845c)」を見つけます。見つからない場合は、[+ Add new device] をクリックして、リストから [Android gadget] または [Android device] を選択します。

  4. [DragonBoard 845c (db845c)] を選択します。

  5. [Select a build ID] をクリックし、最新のビルドを選択します。

  6. [インストール] をクリックします。

  7. 残りの手順を行い、ボードがフラッシュされるまで待ちます。

これで、DragonBoard 845c 上で最新の AOSP ビルドが稼働するようになります。

カーネルをビルドする

DragonBoard db845c の Android Generic Kernel Image(GKI)カーネル アーティファクトをビルドする手順は次のとおりです。

  1. 以下のコマンドを実行して、カーネルソースのクローンと、ビルド済みの Android ツールチェーンおよびビルド スクリプトのクローンを作成します。

    mkdir repo-common
    cd repo-common
    repo init -u https://android.googlesource.com/kernel/manifest -b common-android-mainline
    repo sync -j8 -c
    rm -rf out
    BUILD_CONFIG=common/build.config.db845c ./build/build.sh
    
  2. ${AOSP_TOPDIR}device/linaro/dragonboard-kernel/android-mainline/ 内のオブジェクトをすべて削除し、out/android-mainline/dist/ から ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/dragonboard-kernel/android-mainline/ にビルド アーティファクトをコピーします。そして、次のコマンドを実行して、ユーザー空間を再ビルドします。

    make TARGET_KERNEL_USE=mainline -j24
    

    新しいカーネルを使用してデバイスをフラッシュします(ユーザー空間をコンパイルするを参照)。

  3. GKI カーネルをテストします。

    1. 最新の kernel_aarch64 ビルドを表示します。

    2. [artifacts] で、Image.gz をダウンロードして ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/dragonboard-kernel/android-mainline/ にコピーします。

    3. 新しいカーネルを使用してデバイスをビルドしてフラッシュします(ユーザー空間をコンパイルするを参照)。

HiKey 960 ボード

HiKey 960 ボードは Amazon と Lenovator から入手できます。

HiKey 960 ボードの画像

図 2. Lenovator の HiKey 960 ボード

ユーザー空間のコンパイル

HiKey 960 ボードに Android をダウンロードしてビルドするには、以下のコマンドを使用します。

  1. 以下のコマンドで、Android ソースツリーをダウンロードします。

    repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b master
    repo sync -j8
    
  2. 以下のコマンドで、ビルドします。

    . ./build/envsetup.sh
    lunch hikey960-userdebug
    make -j24
    

初期イメージのインストール

  1. スイッチ 3 をオンにして、Fastboot モードを選択します。詳細については、HiKey 960 スタートガイドをご覧ください。

  2. ボードの電源を入れます。

  3. 次のコマンドで、初期イメージをフラッシュします。

    cd device/linaro/hikey/installer/hikey960
    
  4. スイッチ 3 をオフにし、ボードの電源をオフにして再度オンにします。

イメージのフラッシュ

  1. スイッチ 3 をオンにすると、Fastboot モード(Fastboot mode)になります。

  2. 次のコマンドを実行して、イメージをフラッシュします。

    fastboot flash boot out/target/product/hikey960/boot.img
    
  3. スイッチ 3 をオフにし、ボードの電源をオフにして再度オンにします。

カーネルをビルドする

HiKey960 の Android GKI カーネル アーティファクトをビルドする手順は次のとおりです。

  1. 以下のコマンドを実行します。

    mkdir repo-common
    cd repo-common
    repo init -u https://android.googlesource.com/kernel/manifest -b android12-5.4
    repo sync -j8 -c
    rm -rf out
    BUILD_CONFIG=common/build.config.hikey960 build/build.sh
    
  2. ${AOSP_TOPDIR}device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/ 内のオブジェクトをすべて削除し、out/android12-5.4/dist/ 内のカーネルビルドからビルド アーティファクトを ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/ にコピーします。

  3. DTB を連結します。

    cat device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/Image.gz
    device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/hi3660-hikey960.dtb  >
    device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/Image.gz-dtb
    
  4. Android ユーザー空間をビルドする

    lunch hikey960-userdebug
    make TARGET_KERNEL_USE=5.4 HIKEY_USES_GKI=true -j24
    

    新しいカーネルを使用してデバイスをフラッシュします(ユーザー空間をコンパイルするを参照)。

  5. Generic Kernel Image(GKI)カーネルをテストする

    • 最新の kernel_aarch64 ビルドを表示します。

    • [artifacts] で、Image ファイルをダウンロードして ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/ にコピーします。

    • イメージを圧縮して DTB を連結する

    gzip ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/Image
    cat ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/Image.gz
    ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/hi3660-hikey960.dtb  >
    ${AOSP_TOPDIR}/device/linaro/hikey-kernel/hikey960/5.4/Image.gz-dtb
    

シリアル番号を設定する

ランダムなシリアル番号を設定するには、次のコマンドを実行します。

  fastboot getvar nve:SN@16\_DIGIT\_NUMBER

ブートローダーが、生成されたシリアル番号を、androidboot.serialno= を使用してカーネルにエクスポートします。

モニター解像度を設定する

device/linaro/hikey/hikey960/BoardConfig.mkBOARD_KERNEL_CMDLINE パラメータを編集して、video 設定を指定します。たとえば、24 インチモニターの場合は video=HDMI-A-1:1280x800@60 に設定します。