ソース コントロール ツール

Android のコードを操作するには、Git(オープンソースのバージョン管理システム)と Repo(Google が構築した Git 上で実行できるリポジトリ管理ツール)を使用する必要があります。レビュー用の変更のアップロードなど、定期的な操作の概要については、共通ソース管理タスクをご覧ください。

Git

Git は、複数のリポジトリに分散する大規模なプロジェクトへの対応を目的に設計されています。Android では、ローカルでのブランチ作成、コミット、差分の取得、編集などのローカル操作に Git を使用します。Android プロジェクトを立ち上げる際の課題として、コミュニティの外側に対して最適なサポートを提供するにはどうすればいいかということがありました。個人の趣味のコミュニティからコンシューマー向けデバイスを大量生産する大手 OEM までが対象でした。コンポーネントの置き換えが可能で、Android との関連がなくとも独自に利用が継続されるコンポーネントが必要でした。そこで選んだのが分散リビジョン管理システムで、いくつかの候補の中から Git を採用することにしました。

Git の詳細については、Git のドキュメントをご覧ください。

Repo

Repo は、必要に応じて Git リポジトリを統合し、Gerrit のリビジョン管理システムへのアップロードを行い、Android 開発ワークフローの一部を自動化します。Repo は 2 つの部分で構成されており、1 つ目の部分が Repo Launcher です。git-repo-downloads からダウンロードできます。Python スクリプトでできており、チェックアウトの初期化、2 つ目の部分である完全な Repo ツールのダウンロードを行います。完全な Repo ツールはデフォルトで $SRCDIR/.repo/repo/... にあり、ダウンロードされた Repo Launcher から転送されるコマンドを受信します。

Repo は Git を置き換えるためのものではなく、Android に合わせて Git を使用しやすくするためのものです。repoコマンドは実行可能な Python スクリプトで、パスのどこにでも配置できます。Android ソースファイルを操作する際には、ネットワーク間での操作に Repo を使用します。たとえば、Repo の単一作業ディレクトリで使用します。

ほとんどの場合で、Repo の代わりに Git を使用するか、Repo と Git のコマンドを組み合わせて複雑なコマンドを作成することができます。ただ、ネットワーク間の基本的な操作については Repo を使用した方が作業が容易になります。Repo の詳細については、Repo のコマンド リファレンスREADME をご覧ください。

その他のツール

Gerrit は、Git を使用するプロジェクトを対象としたウェブベースのコードレビュー システムです。Gerrit は Git での一元的な使用を促すためのもので、必要な権限を持つユーザーが変更を送信し、コードレビューで承認を得た場合に、自動的に変更内容が統合されます。また、Gerrit では変更箇所がブラウザに並べて表示され、インライン コメントを付けることも可能になっており、よりレビューがしやすくなっています。

Android Studio は、Android アプリケーションを開発するための公式の統合開発環境(IDE)です。