プロジェクトの役割

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android オープン ソース プロジェクト (AOSP) には、さまざまな役割で働く個人が含まれています。 Google は、Android の製品管理と、コア フレームワークとプラットフォームのエンジニアリング プロセスを担当しています。ただし、AOSP は、Google だけでなく、あらゆるソースからの貢献を考慮します。このページでは、利害関係者が引き受けることができる役割の種類について説明します。

Android の探索と貢献に関心のある方は誰でも AOSP リソースを使用できます。誰でもメーリング リストに参加し、質問し、パッチを投稿し、バグを報告し、提出されたパッチを見て、ツールを使用することができます。 Android コードの使用を開始するには、貢献する を参照してください。

寄稿者

貢献者は、AOSP ソース コードに貢献します。コントリビューターは、Google やその他の企業の従業員だけでなく、企業に所属していない個人の開発者でもかまいません。貢献者間に区別はありません。それらはすべて同じツール (git、Repo、および Gerrit) を使用し、同じコード レビュー プロセスに従い、コード スタイルに関する同じ要件の対象となります。

デベロッパー

開発者は、Android デバイスで実行されるアプリケーションを作成します。多くの場合、開発者と貢献者は似たようなスキルセットを持っていますが、開発者はプラットフォームに貢献するのではなくプラットフォームを使用するため、AOSP は開発者を顧客と見なします。これは技術的には AOSP で別の役割ではありませんが、私たちは開発者についてよく話します。

検証者

検証者は、変更要求をテストできます。個人が大量の高品質のコードをプロジェクトに提出した後、プロジェクト リーダーは、検証者になるように彼らを招待する場合があります。

承認者

承認者は、プロジェクトに重要な技術的および設計上の貢献をした AOSP の経験豊富なメンバーです。コード レビュー プロセスでは、承認者が変更を含めるか除外するかを決定します。プロジェクト リーダー (通常は Google に雇用されている) が承認者を選び、特定のプロジェクトに関する専門知識を示す検証者をリードに昇進させることもあります。

プロジェクトリーダー

Android は多数のサブプロジェクトで構成されています。これらは、git リポジトリで個別の git ファイルとして表示できます。プロジェクト リーダーは、個々の Android プロジェクトのエンジニアリングを監督するシニア コントリビューターです。通常、これらのプロジェクト リーダーは Google の従業員です。個々のプロジェクトのプロジェクト リーダーは、次の責任を負います。

  • プロジェクトのロードマップ、開発、リリース サイクル、バージョン管理、品質保証 (QA) など、プロジェクトのすべての技術的側面を主導する。
  • 予定されている Android プラットフォームのリリースに間に合うように、プロジェクトが QA によってテストされていることを確認してください。
  • 提出されたパッチの検証者と承認者を指定します。
  • 変更をレビューする際は、公正かつ偏見を持たないでください。技術的なメリットと Android 戦略との整合性に基づいて、パッチを受け入れるか拒否します。
  • 変更をタイムリーにレビューし、変更が受け入れられない場合は連絡するよう最善を尽くします。
  • 必要に応じて、プロジェクトに固有の情報とドキュメント用のプロジェクトの Web サイトを維持します。
  • 技術的な競合を解決する際のファシリテーターとして行動します。
  • プロジェクトの公の顔になり、プロジェクトに関連する質問の頼りになる人になりましょう。