Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

非推奨のリスト

非推奨のリスト
グローバルkeymaster1_device :: delete_all )(const struct keymaster1_device * dev)
ハードウェアキーストア内のすべてのキーを削除します。キーストアが完全にリセットされるときに使用されます。
グローバルkeymaster1_device :: delete_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length)
キーblobに関連付けられたキーペアを削除します。
グローバルkeymaster1_device :: generate_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_keypair_t key_type、const void * key_params、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
公開鍵と秘密鍵を生成します。返されるキーブロブは不透明であり、署名と検証のために後で提供する必要があります。
グローバルkeymaster1_device :: get_keypair_public )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、uint8_t ** x509_data、size_t * x509_data_length)
鍵ペアの公開鍵部分を取得します。公開鍵は、X.509形式(Java標準)でエンコードされたバイト配列である必要があります。
グローバルkeymaster1_device :: import_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key、c​​onst size_t key_length、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
公開鍵と秘密鍵のペアをインポートします。インポートされた鍵は、DERエンコード(Java標準)を使用したPKCS#8形式になります。返されたキーブロブは不透明であり、後で署名と検証のために提供されます。
グローバルkeymaster1_device :: sign_data )(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * data、const size_t data_length、uint8_t ** signed_data、size_t * signed_data)
以前に生成されたキーブロブを使用してデータに署名します。これは、非対称キーまたは秘密キーのいずれかを使用できます。
グローバルkeymaster1_device :: verify_data )(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * signed_data、const size_t signed_data_length、const uint8_t * signature
キーブロブで署名されたデータを検証します。これは、非対称キーまたは秘密キーのいずれかを使用できます。