Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ID化可能

public interface IDisableable

com.android.tradefed.util.IDisableable


無効にできるTradefedオブジェクトを説明するインターフェース。無効にされたオブジェクトはスキップされ、まったく呼び出されません。

概要

パブリックメソッド

default boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合はTrueを返します(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。

default boolean isTearDownDisabled ()

分解だけをスキップする必要がある場合はTrueを返します。

default void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。

default void setDisableTearDown (boolean isDisabled)

オブジェクトの分解ステップをスキップするかどうかを設定します。

パブリックメソッド

無効になっています

public boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合はTrueを返します(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。それ以外の場合はFalse。

戻り値
boolean

isTearDownDisabled

public boolean isTearDownDisabled ()

分解だけをスキップする必要がある場合はTrueを返します。それ以外の場合はFalse。

戻り値
boolean

setDisable

public void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。無効とは、セットアップと分解の両方の手順をスキップする必要があることを意味します。デフォルトのコンストラクターでオブジェクトをデフォルトで無効にするために使用できます。

パラメーター
isDisabled boolean :オブジェクトが中に置かれるべき状態。

setDisableTearDown

public void setDisableTearDown (boolean isDisabled)

オブジェクトの分解ステップをスキップするかどうかを設定します。セットアップ手順はまだ完了しています。

パラメーター
isDisabled boolean :オブジェクトが中に置かれるべき状態。