Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

CTS の結果の解釈

CTS テストの結果は、次のファイルに保存されます。

    CTS_ROOT/android-cts/repository/results/start_time.zip
    

CTS を自分でビルドしている場合、CTS_ROOTout/host/linux-x86/cts のようになりますが、プラットフォームによる違いがあります。これは、事前にビルドされた公式の CTS をこのサイトのこちらのリンクからダウンロードしたときに、それを圧縮解除したパスを反映しています。

zip 内の testResult.xml ファイルに実際の結果が含まれています。テスト結果を表示するには、このファイルを HTML5 互換のウェブブラウザで開きます。

Chrome ブラウザで testResult.xml を開いたときに空白のページが表示される場合は、--allow-file-access-from-files コマンドライン フラグを使用してブラウザの設定を変更します。

テスト結果の確認

テスト結果の詳細は、次のどちらのバージョンの CTS を使用しているかによって異なります。

  • Android 6.0 以前用の CTS v1
  • Android 7.0 以降用の CTS v2

デバイス情報

CTS v1 以前では、[Device Information]([Test Summary] の上のリンク)を選択して、デバイス、ファームウェア(型式、ファームウェア ビルド、プラットフォーム)、デバイスのハードウェア(画面の解像度、キーパッド、画面の種類)などを確認できます。CTS v2 では、デバイス情報は表示されません。

テストサマリー

[Test Summary] のセクションには、CTS 計画名や実行開始時刻、実行終了時刻など、実行されたテスト計画の詳細が表示されます。また、合格したテスト、不合格になったテスト、タイムアウトになったテスト、実行できなかったテストの総数も表示されます。

Android 10 CTS のテストサマリーのサンプル

Android 10 CTS のテストサマリー
図 1: Android 10 CTS のテストサマリーのサンプル

CTS v2 のテストサマリーのサンプル

CTS v2 のテストサマリー
図 2: CTS v2 のテストサマリーのサンプル

CTS v1 のテストサマリーのサンプル

CTS v1 テストサマリー
図 3: CTS v1 のテストサマリーのサンプル

テストレポート

次のセクションの CTS テストレポートは、合格したテストをパッケージごとに集計したものです。

その次は、実行された実際のテストの詳細です。レポートでは、テスト パッケージ、テストスイート、テストケース、実行されたテストが一覧になっています。テストの実行結果が表示されます(合格、不合格、タイムアウト、実行されなかった)。テストが不合格になった場合は、原因を診断するための詳細が表示されます。

さらに、XML ファイルには不合格になった箇所のスタック トレースが保存されています。これは、長くなるためレポートに含まれません。XML ファイルをテキスト エディタで表示するとテスト不合格の詳細が表示されます。不合格になったテストに対応する <Test> タグを検索し、その中の <StackTrace> タグを確認してください。

CTS v2 のテストレポートのサンプルを表示する

CTS v2 のテストレポート
図 4: CTS v2 のテストレポートのサンプル

CTS v1 のテストレポートのサンプルを表示する

CTS v1 のテストレポート
図 5: CTS v1 のテストレポートのサンプル

未完了のテスト モジュールの test_result.xml の確認

テスト セッション中の未完了のモジュールの数を調べるには、コマンド「list results」を実行します。[Modules Completed] と [Total Modules] の数が、前のセッションごとに表示されます。どのモジュールが完了済みで、どのモジュールが未完了かを確認するには、test_result.xml ファイルを開き、結果レポートの各モジュールで「done」属性の値を調べます。done の値が「false」のモジュールは、完了していません。