Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

近超音波のテスト

このドキュメントには、近超音波(従来の高忠実度超音波)のマイクとスピーカーのテストを行うための手順を説明します。詳しくは、一般的なオーディオの実装手順を説明しているオーディオのセクションをご覧ください。

近超音波マイクのテスト

前提条件: テストデバイスと参照デバイスを 1 台ずつ、計 2 台を用意します。参照デバイスには、Nexus 6、Nexus 5、または近超音波を発生できるデバイスを使用できます。

ステップ 1: 両方のデバイスで近超音波マイクテストを開きます。
マイクステップ 1、テストデバイス
テストデバイス
マイクステップ 1、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 2: テストを開き、テストデバイスで [RECORD] を押してから、すぐに参照デバイスで [PLAY] を押します。
マイクステップ 2、テストデバイス
テストデバイス
マイクステップ 2、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 3: テストが完了するまで待ちます。待っている間、デバイスの表示は次のスクリーンショットのようになります。ステップ 4 に示す画面が表示されるまで何もしないでください。
マイクステップ 3、テストデバイス
テストデバイス
マイクステップ 3、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 4a: テストデバイスで、[PASS] が表示されている場合は、緑色のボタンを押して合格のレポートを送信します。
マイクステップ 4a、テストデバイス
テストデバイス
マイクステップ 4a、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 4b: テストデバイスで [FAIL] が表示された場合は、赤いボタンを押して不合格のレポートを送信します。あとでステップ 1 からテストをやり直すこともできます。
マイクステップ 4b、テストデバイス
テストデバイス
マイクステップ 4b、参照デバイス
参照デバイス
追加のステップ: このステップは省略できます。テストデバイスの [PLOT] ボタンを使用して算出された応答をプロットできます。
マイク追加ステップ 1、テストデバイスマイク追加ステップ 2、テストデバイス
テストデバイス

参照デバイス: なし

近超音波スピーカーのテスト

ステップ 0: テストデバイスと参照デバイスを 1 台ずつ、計 2 台を用意します。参照デバイスには、Nexus 6、Nexus 5、または近超音波を録音できるデバイスを使用できます。

ステップ 1: 両方のデバイスで近超音波スピーカー テストを開きます。
スピーカー ステップ 1、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 1、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 2: テストを開き、参照デバイスで [RECORD] を押してから、すぐにテストデバイスで [PLAY] を押します。
スピーカー ステップ 2、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 2、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 3: テストが完了するまで待ちます。待っている間、デバイスの表示は次のスクリーンショットのようになります。ステップ 4 に示す画面が表示されるまで何もしないでください。
スピーカー ステップ 3、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 3、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 4: 参照デバイスにポップアップが表示されたら、テストデバイスで [OK] を押します。
スピーカー ステップ 4、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 4、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 5a: 参照デバイスで [PASS] が表示された場合は、テストデバイスで緑色のボタンを押して合格のレポートを送信します。
スピーカー ステップ 5a、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 5a、参照デバイス
参照デバイス
ステップ 5b: 参照デバイスで [FAIL] が表示された場合は、テストデバイスの赤いボタンを押して不合格のレポートを送信します。あとでステップ 1 からテストをやり直すこともできます。
スピーカー ステップ 5b、テストデバイス
テストデバイス
スピーカー ステップ 5b、参照デバイス
参照デバイス
追加のステップ: このステップは省略できます。参照デバイスの [PLOT] ボタンを使用して算出された応答をプロットできます。近超音波マイクテストの手順をご覧ください。