Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ローカルで CTS メディアテストを実行する

CTS に、次のようにしてメディアテスト モジュールを実行できる機能を追加しました。

  1. テスト対象デバイス(DUT)の SD カードにコンテンツを読み込む。
  2. CTS 用のローカル サーバーでメディア ファイルをホストする。
  3. テストスイートの実行に使用するホストマシンでメディア ファイルをホストする。

CTS は、パートナー、ローカル、またはサードパーティのサーバーに接続できます。Google のサーバーには接続できません。

ダウンロード

使用できるダウンロード ファイルは次のとおりです。

CTS メディアテストのセットアップ

  • ダウンロードした android-cts-media-1.5.zip を android-cts-media-1.5 フォルダに展開します。
  • ダウンロードした CtsMediaTestCases.zip を CtsMediaTestCases フォルダを展開します。

CtsMediaTestCases モジュールは、SD カードとローカル サーバーによるホスティングの両方の方法をサポートしています。

SD カードによる方法(CtsMediaTestCases のみの場合)

ファイルをデバイスの SD カードにコピーし、次のコマンドを使用してモジュールを実行します。

$adb push CtsMediaTestCases /sdcard/

ローカル サーバーによる方法(CtsMediaTestCases のみの場合)

  1. (省略可)DynamicConfig.json をローカル サーバーでホストします。
  2. https を有効にしていて、有効な CA 証明書があり、認証のないローカル サーバーを用意します(例: https://example.com)。
  3. そのサーバーでメディア ファイルをホストして URL を取得します。
  4. DynamicConfig.json を変更し、それを同じ場所でホストします(例: https://example.com/a/b/DynamicConfig.json)。

ホストマシンによる方法(3 つのモジュールすべての場合)

android-cts-media-1.5 フォルダをホストマシンの /tmp/ フォルダに移動します。

CTS メディアテストの実行

SD カードによる方法(CtsMediaTestCases のみの場合)

単一のモジュールの実行

$run cts -m CtsMediaTestCases --dynamic-config-url
https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig_local.json --shard-count 6

dl.google.comimages フォルダからファイルがダウンロードされます。android-cts-media-1.5.zip のローカルの images フォルダを使用する場合は、次のようにします。

$run cts -m CtsMediaTestCases --module-arg
CtsMediaTestCases:config-url:https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig_local.json --module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

CTS のフル実行(SD カードの CtsMediaTestCases)

$run cts --module-arg CtsMediaTestCases:config-url:https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig_local.json --module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

ローカル サーバーによる方法

デフォルトの JSON 設定のパスは、カスタムのローカル サーバーのパスに置き換えることができます。

単一のモジュールの実行

$run cts -m CtsMediaTestCases --dynamic-config-url
https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig.json

dl.google.comimages フォルダからファイルがダウンロードされます。android-cts-media-1.5.zip のローカルの images フォルダを使用する場合は、次のようにします。

$run cts -m CtsMediaTestCases --module-arg CtsMediaTestCases:config-url:https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig.json --module-arg
CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

CTS のフル実行(SD カードの CtsMediaTestCases)

$run cts --module-arg CtsMediaTestCases:config-url:https://storage.googleapis.com/cts_media/DynamicConfig.json --module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

ホストマシンによる方法

ホストマシン上の 3 つのモジュールすべてに対して CTS メディアテストを実行できます。

モジュールを個別に、またはひとまとめに実行する

次のコマンドを実行して、モジュールを個別に実行します。

$run cts -m CtsMediaTestCases
--module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

次のコマンドを実行して、すべてのモジュールをまとめて実行します。

$run cts --include-filter CtsMediaTestCases --module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --include-filter CtsMediaStressTestCases --module-arg
CtsMediaStressTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --include-filter
CtsMediaBitstreamsTestCases --module-arg CtsMediaBitstreamsTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6

CTS のフル実行(個別のモジュール パラメータを付けて)

$run cts --module-arg CtsMediaTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --module-arg CtsMediaStressTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --module-arg CtsMediaBitstreamsTestCases:local-media-path:/tmp/android-cts-media-1.5 --shard-count 6