Instant App 用の CTS 検証ツール

Instant App 用の CTS 検証ツールは、システム UI などの OEM 固有の UI があるため自動化できない機能のテストを CTS 検証ツールを使用して行うことで、Instant App の Android 互換性テストの適用範囲を広げます。

要件

Instant App 用の CTS 検証ツールを実行する前に、次の機器があることを確認してください。

  • CTS に合格して Android API の互換性が確認された Android デバイス。これはテスト対象デバイス(DUT)です。
  • USB 2.0 対応ポートを備えた Linux パソコン。DUT へのすべての接続は、このポートを使用します。

DUT への Instant App のインストール

CtsVerifierInstantApp.apk と CTS 検証ツールは、Q-EAP ダッシュボードにログインすると入手できる android-cts-verifier.zip に含まれています。

テストの開始

図 1: DUT への Instant App のインストール

パートナーは、CTS をビルドして新しい修正の組み込みまたはテストを行うために、手動で CTS 検証ツールをビルドできます。CtsVerifierInstantApp.apk を手動でビルドするには、ホストで次のコマンドを実行します。

make CtsVerifierInstantApp

CtsVerifierInstantApp.apk をインストールするには、ホストで次のコマンドを実行します。

adb install -r --instant CtsVerifierInstantApp.apk
adb install -r --instant /path/to/CtsVerifierInstantApp.apk

実行

3 つのシステム UI テストがホーム画面の [INSTANT APPS] テストカテゴリに表示されます。

テストの開始

図 2: ホーム画面

[INSTANT APPS] テストカテゴリのテストをタップすると、そのテスト用のテスト画面が開きます。テスト画面の内容は次のとおりです。

  • 説明
  • [Start Test] ボタン
  • CTS 検証ツールの 3 つの標準ボタン
    • 合格
    • ヘルプ
    • 不合格

[Start Test] ボタンをタップすると、サンプル Instant App が起動します。

テストの開始

図 3: テスト画面

初めて [Start Test] をタップした場合、サンプル Instant App のインストール手順を示すアラート ダイアログが開きます(図 4)。サンプル Instant App がすでにインストールされている場合、他の Instant App テストでこのダイアログは表示されません。

テストの開始

図 4: インストール手順のダイアログ

ヘルプボタンをタップすると、テストの説明を示すポップアップ ダイアログが開きます。

テストの開始

図 5: ヘルプのポップアップ ダイアログ