Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

SystemUIOverlayWindow Codelab

この記事では、SystemUIOverlayWindow 内にビューを作成する方法について説明します。

準備

下記のコンテンツは、以下のシステム UI の記事をすでに読んでいることを前提としています。

この記事は:

  • Android Automotive OS とその SystemUIOverlayWindow のユースケースに精通していることを前提としています。
  • OverlayViewController の特定のサブクラスの例を提供します。
  • OverlayViewController のサブクラスは扱いません。
  • 開発用に Android を設定する方法については説明しません。
  • 基本クラスでオーバーライドできる個々のオプションについては説明しません。基本的なビューの設定に必要な事項についてのみ説明します。

Codelab を完了する

ステップ 1: OverlayViewController のレイアウトを作成する

次の内容を含む frameworks/base/packages/CarSystemUI/res/layout/codelab_layout.xml という名前のファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<FrameLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:id="@+id/codelab_container"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:background="@android:color/black">
    <LinearLayout
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:orientation="vertical">
        <TextView
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="0dp"
            android:layout_weight="1"
            android:gravity="center"
            android:text="Code Lab View!"
            android:color="@*android:color/car_accent"
            android:textStyle="italic"
            android:textSize="34sp"/>
        <Button
            android:id="@+id/codelab_button"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:layout_weight="0"
            android:text="Hide!"
            android:background="@*android:color/car_accent"/>
    </LinearLayout>
</FrameLayout>

このレイアウトは次のビューを作成します。

OverlayViewController
図 1. OverlayViewController

ステップ 2: SysUIOverlayWindow に ViewStub を追加する

ViewStubSystemUIOverlayWindow に追加することにより、ウィンドウにビューを追加します。

ルート FrameLayoutframeworks/base/packages/CarSystemUI/res/layout/sysui_overlay_window.xml に次のコードを追加します。

<ViewStub android:id="@+id/codelab_stub"
          android:layout_width="match_parent"
          android:layout_height="match_parent"
          android:layout="@layout/codelab_layout"/>

ルート FrameLayout で ViewStub が定義される順序により、ウィンドウ内のビューの Z オーダーが定義されます。この Codelab にはビューのレイヤ化は含まれていないため、ルート FrameLayout の任意の場所にコード スニペットを追加できます。

ステップ 3: OverlayViewController を作成する

新しいレイアウトを表示するか非表示にするには、OverlayViewController にリンクする必要があります。

次の内容を持つ frameworks/base/packages/CarSystemUI/src/com/android/systemui/car/codelab/CodeLabViewController.java という名前の挿入可能な OverlayViewController を作成するには:

package com.android.systemui.car.codelab;

import com.android.systemui.R;
import com.android.systemui.car.window.OverlayViewController;
import com.android.systemui.car.window.OverlayViewGlobalStateController;
import com.android.systemui.dagger.SysUISingleton;

import javax.inject.Singleton;

@SysUISingleton
public class CodeLabViewController extends OverlayViewController {

    @Inject
    public CodeLabViewController(
            OverlayViewGlobalStateController overlayViewGlobalStateController) {
        super(R.id.codelab_stub, overlayViewGlobalStateController);
    }
}

ステップ 4: OverlayViewMediator を作成する

新しいビューを表示するか非表示にする際にトリガーする OverlayViewMediator が必要です。

次の内容を持つ frameworks/base/packages/CarSystemUI/src/com/android/systemui/car/codelab/CodeLabViewMediator.java という名前の新しい挿入可能な OverlayViewMediator を作成します。
package com.android.systemui.car.codelab;

import android.bluetooth.BluetoothAdapter; import android.content.BroadcastReceiver; import android.content.Context; import android.content.Intent; import android.content.IntentFilter;
import com.android.systemui.car.window.OverlayViewMediator; import com.android.systemui.dagger.SysUISingleton;
import javax.inject.Inject;
@SysUISingleton public class CodeLabViewMediator implements OverlayViewMediator { Context mContext; CodeLabViewController mCodeLabViewController;
@Inject public CodeLabViewMediator(Context context, CodeLabViewController codeLabViewController) { mContext = context; mCodeLabViewController = codeLabViewController; }
@Override public void registerListeners() { // no-op }
@Override public void setupOverlayContentViewControllers() { // no-op } }

ステップ 5: ビューを表示する

わかりやすくするためとビューをトリガーできるようにするため、ステータスがオフのときは Bluetooth を使用します。

CodeLabViewMediator#registerListeners 内の // no-op を次のように置き換えます。

// Register Show Listener
mContext.registerReceiver(new BroadcastReceiver() {
    @Override
    public void onReceive(Context context, Intent intent) {
        final String action = intent.getAction();

if (action.equals(BluetoothAdapter.ACTION_STATE_CHANGED)) { final int state = intent.getIntExtra(BluetoothAdapter.EXTRA_STATE, BluetoothAdapter.ERROR); switch (state) { case BluetoothAdapter.STATE_OFF: // Show OverlayViewController mCodeLabViewController.start(); break; } } } }, new IntentFilter(BluetoothAdapter.ACTION_STATE_CHANGED));

ステップ 6: ビューを非表示にする

[Hide!] ボタンをクリックすると、ビューが非表示になります。このアクションはインフレートされたビューのボタンでのみ行われるので、これを直接 OverlayViewController に追加します。

CodeLabViewController に次のメソッドを追加します。

@Override
protected void onFinishInflate() {
    getLayout().findViewById(R.id.codelab_button).setOnClickListener(v -> {
        stop();
    });
}

ステップ 7: 新しい OverlayViewMediator を構成する

  1. 新しい OverlayViewMediator を OverlayWindowModule に追加するには、OverlayWindowModule に次のコードを追加します。
    /** Injects CodeLabViewMediator. */
    @Binds
    @IntoMap
    @ClassKey(CodeLabViewMediator.class)
    public abstract OverlayViewMediator bindCodeLabViewMediator(
            CodeLabViewMediator overlayViewsMediator);
    
  2. 新しい OverlayViewMediator を config_carSystemUIOverlayViewsMediators に追加するには、frameworks/base/packages/CarSystemUI/res/values/config.xmlconfig_carSystemUIOverlayViewsMediators に次の行を追加します。
    <item>com.android.systemui.car.codelab.CodeLabViewMediator</item>
    

結果

お疲れさまでした。これで、SystemUIOverlayWindow にビューが作成されました。

SystemUIOverlayWindow
図 2. SystemUIOverlayWindow

参考情報

詳しくは、下記のリソースをご覧ください。

OverlayViewController の例

SystemUIOverlayWindow: の簡単なアプリの例として、全画面表示のユーザー スイッチャーを参照してください。

その他の OverlayViewController

OverlayPanelViewController

SystemUIOverlayWindow 内でビューを表示する際と非表示にする際に基本的なドラッグ アニメーションを提供するには、OverlayPanelViewController を使用します。詳しくは、通知パネルを参照してください。