Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

テストとデバッグ

以下で VIA コードを構造化してテストを容易に実施できるようにするうえで、検討すべきいくつかの推奨事項を紹介します。

コードベースを独立したユニットとして設計する

主な項目は次のとおりです。

  • トリガー。起動ワード、プッシュツートーク(PTT)、タップツートーク(TTT)
  • 音声認識。音声ストリームを構造化データに変換することに焦点を当てます。
  • コマンドのフルフィルメント。クエリの処理に焦点を当てて、アクションに変換します。

これらの各レイヤは単体でテストでき、互いに独立している必要があります。以下を含めて文書化してください。

  • ユーザークエリをコマンド フルフィルメント レイヤに直接渡すために使用できるインテント エクストラ。これにより、OEM と事業者は音声認識とテストコマンドのフルフィルメント(車両の統合)を直接スキップできます。
  • 事前に録音された音声ファイルを音声操作サービスに渡すプロセス。このプロセスにより、音声認識テストを独自に行うことができ、車両のマイクがスキップされます。

テスト用エミュレータ

Android Emulator は、ホストのマイクとゲストの AAOS インスタンスをブリッジすることから、開発とテストに最適なプラットフォームです。

エミュレータによるテスト

図 1. エミュレータによるテスト