ドライバーの注意散漫に関するガイドライン

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android Automotive アプリケーションが下記のドライバーの注意散漫に関するガイドラインに準拠している場合、車両の移動時にアプリを HU で実行できます。DDG は、Google が提供するベースライン最適化案で構成され、ドライバーの注意散漫を減らすことを目的としています。

ドライバーの注意散漫ガイドラインを満たすアプリは、「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けできます。この記事では、アプリを「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けし、Android プラットフォームでユーザー エクスペリエンスが制限された状態でアプリを実行できるようにする方法について詳しく説明します。サービスについて詳しく知るため:

注意散漫に対する最適化アプリ

アプリは、特定のアクティビティを「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けします。アプリ全体を「注意散漫に対する最適化」として指定するには、そのすべてのアクティビティが、ドライバーの注意散漫に関するガイドラインに準拠している必要があります。車両の運転状態が、UX 制限が有効になった状態に変更された場合:

  • 現在のフォアグラウンド アクティビティは、マニフェスト内で「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けされている場合にのみ続行できます。
  • 新しく開始するアクティビティは、マニフェスト内で「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けされている場合にのみ開始できます。

プラットフォームは、マニフェストを確認し、注意散漫に対して最適化されたアクティビティのみを制限付きの状態で実行できるようにします。

: プラットフォームは、アプリの実際の制限に対する準拠を検出または強制することはできません。マニフェストで宣言したアプリだけを確認できます。このドライバーの注意散漫に関するガイドラインは、Play ストアの審査プロセスで適用されます。

すべてのアプリ アクティビティに対して注意散漫に対する最適化が必要になるわけではありません。アプリは、制限のない状態(車両が駐車しているときなど)に対して、さまざまなユーザー エクスペリエンスを提供できます。その結果、アプリは、アプリの AndroidManifest.xml ファイル内の <activity> 要素に次のメタデータを追加することで、特定のアクティビティを「注意散漫に対する最適化」としてタグ付けできます。

<activity android:name=".DistractionOptimizedMainActivity"....>
....
<meta-data android:name="distractionOptimized" android:value="true"/>
</activity>

アプリは、制限された状態で実行するように設計されたアクティビティを提供する場合、マニフェストでその情報を宣言する必要があります。プラットフォームでは、宣言された情報のみを確認し、制限付きの状態でアクティビティを実行することを許可する(または許可しない)かどうかを判断します。