Nexus のセキュリティに関する公開情報 - 2016 年 4 月

2016 年 4 月 4 日公開 | 2016 年 12 月 19 日更新

Android のセキュリティに関する月例情報公開の一環として、Nexus 端末に対するセキュリティ アップデートを無線(OTA)アップデートで配信しました。Nexus ファームウェア イメージも Google デベロッパー サイト にリリースされています。2016 年 4 月 2 日以降のセキュリティ パッチ レベルでは、下記の問題に対処しています(セキュリティ パッチ レベルを確認する方法については、Nexus のドキュメントをご覧ください)。

パートナーには、この公開情報に記載の問題について 2016 年 3 月 16 日までに通知済みです。該当する場合、下記の問題に対するソースコードのパッチは、Android オープンソース プロジェクト(AOSP)レポジトリにリリースされています。

下記の問題のうち最も重大度の高いものは、多様な方法(メール、ウェブの閲覧、MMS など)により、攻撃対象の端末でメディア ファイルを処理する際にリモートでのコード実行が可能になるおそれのある重大なセキュリティの脆弱性です。重大度の評価は、攻撃対象の端末でその脆弱性が悪用された場合の影響に基づくもので、プラットフォームやサービスでのリスク軽減策が開発目的または不正な回避により無効となっていることを前提としています。

2016 年 3 月 18 日の Android セキュリティ アドバイザリでは、CVE-2015-1805 を利用してルート権限を取得するアプリについて取り上げました。CVE-2015-1805 はこのアップデートで解決されています。新たに見つかった他の問題が実際にユーザーの端末で利用または悪用されたという 報告はありません。Android セキュリティ プラットフォームの保護や SafetyNet のようなサービスの保護について詳しくは、下記のリスクの軽減をご覧ください。こうした保護により、Android プラットフォームのセキュリティが改善されます。

リスクの軽減

ここでは、Android セキュリティ プラットフォームの保護と SafetyNet のようなサービスの保護によるリスクの軽減について概説します。こうした機能は、Android でセキュリティの脆弱性が悪用される可能性を減らします。

  • Android プラットフォームの最新版での機能強化により、Android 上の多くの問題について悪用が困難になります。Google では、すべてのユーザーに対し、できる限り最新バージョンの Android に更新することをおすすめしています。
  • Android セキュリティ チームは、「アプリの確認」や SafetyNet によって脆弱性の悪用を積極的に監視しており、害を及ぼすおそれのあるアプリが検出されるとインストール前にユーザーに警告します。端末のルート権限を取得するツールは、Google Play で禁止されています。Google Play 以外からアプリをインストールするユーザーを保護するため、「アプリの確認」がデフォルトで有効になっており、ルート権限を取得する既知のアプリについてユーザーに警告します。「アプリの確認」では、悪意のある既知のアプリで権限昇格の脆弱性が悪用されないように、そのようなアプリのインストールを見つけて阻止します。こうしたアプリが既にインストールされている場合は、ユーザーに通知して、そのアプリの削除を試みます。
  • Google ハングアウトやメッセンジャーのアプリでは状況を判断し、メディア サーバーなどのプロセスに自動的にメディアを渡すことはありません。

謝辞

Android セキュリティ チームは、調査にご協力くださった下記の皆様に感謝いたします(敬称略)。

  • Google Chrome セキュリティ チームの Abhishek Arya、Oliver Chang、Martin Barbella: CVE-2016-0834、CVE-2016-0841、CVE-2016-0840、CVE-2016-0839、CVE-2016-0838
  • CENSUS S.A. の Anestis Bechtsoudis (@anestisb): CVE-2016-0842、CVE-2016-0836、CVE-2016-0835
  • Google Telecom チームの Brad Ebinger、Santos Cordon: CVE-2016-0847
  • ブラウンシュヴァイク工科大学 Institute for Operating Systems and Computer Networks の Dominik Schürmann: CVE-2016-2425
  • Qihoo 360 IceSword Lab の Gengjia Chen(@chengjia4574)、pjf、Jianqiang Zhao(@jianqiangzhao): CVE-2016-0844
  • スイス連邦工科大学ローザンヌ校George Piskas: CVE-2016-2426
  • Qihoo 360 Technology Co., Ltd. の Guang Gong(龚广)(@oldfresher): CVE-2016-2412、CVE-2016-2416
  • Google Project Zero の James Forshaw: CVE-2016-2417、CVE-2016-0846
  • Qihoo 360 IceSword Lab の Jianqiang Zhao(@jianqiangzhao)、pjf、Gengjia Chen(@chengjia4574): CVE-2016-2410、CVE-2016-2411
  • Qihoo 360 IceSword Lab の Jianqiang Zhao(@jianqiangzhao)、pjf: CVE-2016-2409
  • Vertu Corporation LTD の Nancy Wang: CVE-2016-0837
  • Nasim Zamir: CVE-2016-2409
  • Qualcomm Product Security Initiative の Nico Golde(@iamnion): CVE-2016-2420、CVE-2016-0849
  • Trend Micro の Peter Pi(@heisecode): CVE-2016-2418、CVE-2016-2413、CVE-2016-2419
  • Richard Shupak: CVE-2016-2415
  • MWR Labs の Romain Trouvé: CVE-2016-0850
  • Stuart Henderson: CVE-2016-2422
  • Android セキュリティ チームの Vishwath Mohan: CVE-2016-2424
  • Alibaba Inc の Weichao Sun (@sunblate): CVE-2016-2414
  • Trend Micro Inc. の Wish Wu (@wish_wu): CVE-2016-0843
  • インディアナ大学ブルーミントン校の Yeonjoon LeeXiaofeng Wang、北京大学の Tongxin LiXinhui Han: CVE-2016-0848

また、Android セキュリティ チームは、CVE-2015-1805 についてご助力いただいた C0RE Team および ZimperiumYuan-Tsung LoWenke Dou、Chiachih Wu(@chiachih_wu)、Xuxian Jiang の各氏にも感謝いたします。

セキュリティの脆弱性の詳細

パッチレベル 2016-04-02 に該当するセキュリティ脆弱性の各項目について、下記に詳細を説明します。問題の内容とその重大度の根拠について説明し、CVE、関連するバグ、重大度、影響を受けるバージョン、報告日を表にまとめています。該当する場合は、バグ ID の欄に、その問題に対処した AOSP コミットへのリンクがあります。1 つのバグに複数の変更が関係する場合は、バグ ID の後に番号を付加して、追加の AOSP リファレンスにリンクしています。

DHCPCD でのリモートコード実行の脆弱性

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サービスに脆弱性があるため、 攻撃者がメモリ破損を引き起こしてリモートでのコード実行につながるおそれが あります。この問題は、DHCP クライアントにおいてリモートでコードが実行される おそれがあるため、重大と見なされています。DHCP サービスは、 サードパーティ製アプリが通常はアクセスできないような権限にアクセスできます。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2014-6060 ANDROID-15268738 重大 4.4.4 2014 年 7 月 30 日
CVE-2014-6060 ANDROID-16677003 重大 4.4.4 2014 年 7 月 30 日
CVE-2016-1503 ANDROID-26461634 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 4 日

メディア コーデックでのリモートコード実行の脆弱性

特別に細工されたファイルについてメディア ファイルやデータをメディアサーバーで 処理する際に、メディアサーバーで使われるメディア コーデックの脆弱性を攻撃者が利用して、 メモリ破壊やリモートでのコード実行が可能になるおそれがあります。

影響を受ける機能はオペレーティング システムの中核部分として提供されているもので、 リモート コンテンツ(特に MMS やブラウザでのメディア再生)によってこうした脆弱性を 攻撃できるようにするアプリが複数あります。

この問題は、メディアサーバーのサービスにおいてリモートでコードが実行される おそれがあるため、重大と見なされています。メディアサーバーの サービスは、音声や動画のストリームにアクセスできる他、サードパーティ製アプリが 通常はアクセスできないような権限にアクセス可能です。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0834 ANDROID-26220548* 重大 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 16 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから入手できる Nexus 端末用最新 バイナリ ドライバに含まれています。

メディアサーバーでのリモートコード実行の脆弱性

特別に細工したメディア ファイルやデータのメディアサーバーでの処理中に、 攻撃者がメディアサーバーの脆弱性を悪用して、メモリ破壊やリモートコード 実行を行えるおそれがあります。

影響を受ける機能はオペレーティング システムの中核部分として提供されているもので、 リモート コンテンツ(特に MMS やブラウザでのメディア再生)によってこうした脆弱性を 攻撃できるようにするアプリが複数あります。

この問題は、メディアサーバーのサービスにおいてリモートでコードが実行される おそれがあるため、重大と見なされています。メディアサーバーの サービスは、音声や動画のストリームにアクセスできる他、サードパーティ製アプリが 通常はアクセスできないような権限にアクセス可能です。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0835 ANDROID-26070014 [2] 重大 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 6 日
CVE-2016-0836 ANDROID-25812590 重大 6.0、6.0.1 2015 年 11 月 19 日
CVE-2016-0837 ANDROID-27208621 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 2 月 11 日
CVE-2016-0838 ANDROID-26366256 [2] 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内
CVE-2016-0839 ANDROID-25753245 重大 6.0、6.0.1 Google 社内
CVE-2016-0840 ANDROID-26399350 重大 6.0、6.0.1 Google 社内
CVE-2016-0841 ANDROID-26040840 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内

libstagefright でのリモートコード実行の脆弱性

特別に細工されたファイルについてメディア ファイルやデータをメディアサーバーで 処理する際に、libstagefright の脆弱性を攻撃者が利用して、 メモリ破壊やリモートでのコード実行が可能になるおそれがあります。

影響を受ける機能はオペレーティング システムの中核部分として提供されているもので、 リモート コンテンツ(特に MMS やブラウザでのメディア再生)によってこうした脆弱性を 攻撃できるようにするアプリが複数あります。

この問題は、メディアサーバーのサービスにおいてリモートでコードが実行される おそれがあるため、重大と見なされています。メディアサーバーの サービスは、音声や動画のストリームにアクセスできる他、サードパーティ製アプリが 通常はアクセスできないような権限にアクセス可能です。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0842 ANDROID-25818142 重大 6.0、6.0.1 2015 年 11 月 23 日

カーネルでの権限昇格の脆弱性

カーネルに権限昇格の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリによって カーネル内で勝手なコードの実行が可能になるおそれがあります。ローカルでの永久的な端末の侵害につながるおそれがあり、端末を修復するにはオペレーティング システムの再適用が必要になる可能性があるため、この問題は「重大」と判断されています。この問題についての説明は、2016 年 3 月 18 日の Android セキュリティ アドバイザリをご覧ください。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2015-1805 ANDROID-27275324* 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 2 月 19 日

* 次のカーネル バージョンについて、それぞれ AOSP でパッチを入手可能です(3.143.103.4)。

Qualcomm パフォーマンス モジュールでの権限昇格の脆弱性

Qualcomm の ARM プロセッサ用パフォーマンス イベント マネージャ コンポーネントに権限昇格の脆弱性があり、カーネル内で悪意のあるローカルアプリが 勝手なコードを実行できるおそれがあります。ローカルでの永久的な端末の侵害につながるおそれがあり、端末を修復するにはオペレーティング システムの再適用が必要になる可能性があるため、この問題は「重大」と判断されています。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0843 ANDROID-25801197* 重大 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2015 年 11 月 19 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから入手できる Nexus 端末用最新 バイナリ ドライバに含まれています。

Qualcomm RF コンポーネントでの権限昇格の脆弱性

Qualcomm RF ドライバに脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリにより カーネルにおいて勝手なコードの実行が可能になるおそれが あります。ローカルでの永久的な端末の侵害につながるおそれがあり、端末を修復するにはオペレーティング システムの再適用が必要になる可能性があるため、この問題は「重大」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0844 ANDROID-26324307* 重大 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 25 日

* この問題に対する追加パッチは、Linux アップストリームにあります。

カーネルでの権限昇格の脆弱性

一般的なカーネルに権限昇格の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリによって カーネル内で勝手なコードの実行が可能になるおそれがあります。ローカルでの永久的な端末の侵害につながるおそれがあり、端末を修復するにはオペレーティング システムの再適用が必要になる可能性があるため、この問題は「重大」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク Severity 更新されたバージョン 報告日
CVE-2014-9322 ANDROID-26927260 [2] [3]
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
重大 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 25 日

IMemory ネイティブ インターフェースでの権限昇格の脆弱性

IMemory ネイティブ インターフェースに権限昇格の脆弱性があるため、 悪意のあるローカルアプリにより、昇格したシステムアプリにおいて 勝手なコードの実行が可能になるおそれがあります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0846 ANDROID-26877992 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 29 日

通信コンポーネントでの権限昇格の脆弱性

通信コンポーネントに権限昇格の脆弱性があるため、攻撃者が電話の着信を 任意の番号からのものであるように見せかけることが可能となるおそれがあります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク Severity 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0847 ANDROID-26864502 [2] 5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内

ダウンロード マネージャーでの権限昇格の脆弱性

ダウンロード マネージャーに権限昇格の脆弱性があるため、攻撃者がプライベート ストレージ内の ファイルに不正にアクセスできるようになるおそれがあります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0848 ANDROID-26211054 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2015 年 12 月 14 日

リカバリ プロシージャでの権限昇格の脆弱性

リカバリ プロシージャに権限昇格の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリにより、 昇格したシステムアプリにおいて勝手なコードの実行が 可能になるおそれがあります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0849 ANDROID-26960931 5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 2 月 3 日

Bluetooth での権限昇格の脆弱性

Bluetooth に権限昇格の脆弱性があるため、最初のペア設定の際に 信頼できないデバイスと端末のペア設定が可能になるおそれがあります。これは、 インターネット接続など、端末のリソースの不正なアクセスにつながる 可能性があります。この問題については、信頼できないデバイスによるアクセスが不可能となっている 権限への昇格にこうした脆弱性が利用されるおそれがあるため、重大度が「高」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-0850 ANDROID-26551752 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 13 日

Texas Instruments ハプティクス ドライバでの権限昇格の脆弱性

Texas Instruments のハプティクス カーネル ドライバに権限昇格の脆弱性があるため、 悪意のあるローカルアプリによりカーネルにおいて勝手なコードの実行が 可能になるおそれがあります。通常、このようなカーネルでの コード実行のバグは重大と見なされますが、この脆弱性に関しては最初にドライバを 呼び出すことのできるサービスへの攻撃が必要であるため、重大度は「高」と されています。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2409 ANDROID-25981545* 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 25 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから入手できる Nexus 端末用最新 バイナリ ドライバに含まれています。

Qualcomm 動画用カーネル ドライバでの権限昇格の脆弱性

Qualcomm の動画用カーネル ドライバに権限昇格の脆弱性があるため、 悪意のあるローカルアプリによりカーネルにおいて勝手なコードの実行が 可能になるおそれがあります。通常、カーネルでのコード実行の 脆弱性は重大と見なされますが、この脆弱性に関しては最初にドライバを 呼び出すことのできるサービスへの攻撃が必要であるため、重大度は「高」と されています。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2410 ANDROID-26291677* 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 21 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから入手できる Nexus 端末用最新 バイナリ ドライバに含まれています。

Qualcomm 電源管理コンポーネントでの権限昇格の脆弱性

Qualcomm の電源管理用カーネル ドライバに権限昇格の脆弱性があるため、 悪意のあるローカルアプリによりカーネルにおいて勝手なコードの実行が 可能になるおそれがあります。通常、このようなカーネルでの コード実行のバグは重大と見なされますが、この脆弱性に関しては最初に 端末への攻撃とルート権限への昇格が必要であるため、重大度は「高」と されています。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2411 ANDROID-26866053* 6.0、6.0.1 2016 年 1 月 28 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから入手できる Nexus 端末用最新 バイナリ ドライバに含まれています。

System_server での権限昇格の脆弱性

System_server に権限昇格の脆弱性があるため、悪意のある ローカルアプリにより、昇格したシステムアプリにおいて勝手なコードの 実行が可能になるおそれがあります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2412 ANDROID-26593930 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 15 日

メディアサーバーでの権限昇格の脆弱性

メディアサーバーに権限昇格の脆弱性があり、昇格したシステムアプリ内で 悪意のあるローカルアプリが勝手なコードを実行できるおそれが あります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2413 ANDROID-26403627 5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 5 日

Minikin でのサービス拒否の脆弱性

Minikin ライブラリにサービス拒否の脆弱性があるため、ローカルの攻撃者が攻撃対象の 端末へのアクセスを一時的にブロックできるようになるおそれがあります。攻撃者によって、 信頼できないフォントが読み込まれて Minikin コンポーネント内でオーバーフローが発生し、 クラッシュにつながる可能性があります。この問題については、サービス拒否が再起動の連続ループに つながるため、重大度が「高」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク Severity 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2414 ANDROID-26413177 [2] 5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2015 年 11 月 3 日

Exchange ActiveSync での情報開示の脆弱性

Exchange ActiveSync に情報開示の脆弱性があるため、悪意のある ローカルアプリがユーザーの個人情報にアクセスできるようになるおそれがあります。 この問題については、保護されたデータへのリモート アクセスが可能となるため、重大度が「高」と 見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2415 ANDROID-26488455 5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 11 日

メディアサーバーでの情報開示の脆弱性

メディアサーバーに情報開示の脆弱性があるため、攻撃者によるプラットフォームの悪用を 防ぐことを目的としたセキュリティ対策が回避できるようになるおそれが あります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「高」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2416 ANDROID-27046057 [2] 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 2 月 5 日
CVE-2016-2417 ANDROID-26914474 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 2 月 1 日
CVE-2016-2418 ANDROID-26324358 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 24 日
CVE-2016-2419 ANDROID-26323455 6.0、6.0.1 2015 年 12 月 24 日

Debuggerd コンポーネントでの権限昇格の脆弱性

Debuggerd コンポーネントに権限昇格の脆弱性があるため、悪意のある ローカルアプリが勝手なコードを実行して端末の永続的な侵害に つながるおそれがあります。その結果、オペレーティング システムの再適用による端末の修復が必要になる可能性があります。通常、このようなコード実行の バグは重大と見なされますが、この脆弱性に関しては Android バージョン 4.4.4 でのみ システムからルートへの権限昇格が可能であるため、重要度は 「中」とされています。Android のバージョンが 5.0 以上の場合は、SELinux のルールにより、 こうした攻撃対象のコードへのサードパーティ製アプリのアクセスが阻止されます。

CVE バグと AOSP リンク Severity 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2420 ANDROID-26403620 [2] 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 5 日

セットアップ ウィザードでの権限昇格の脆弱性

セットアップ ウィザードに脆弱性があるため、攻撃者が出荷時設定へのリセット保護を 回避して端末にアクセスできるようになるおそれがあります。この問題については、 このような脆弱性を利用すれば端末に実際にアクセスして出荷時設定へのリセット保護を 回避できる可能性があり、攻撃者が端末をリセットしてデータをすべて消去できる ようになるおそれがあるため、重大度が「中」と見なされています。

CVE バグ 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2421 ANDROID-26154410* 5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから 入手できる Nexus 端末用最新バイナリ ドライバに 含まれています。

Wi-Fi での権限昇格の脆弱性

Wi-Fi に権限昇格の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリにより、 昇格したシステムアプリにおいて勝手なコードの実行が可能になるおそれが あります。サードパーティ製アプリによるアクセスが不可能となっている signature 権限や signatureOrSystem 権限などへの昇格に利用されるおそれがあるため、この問題の重大度は「中」と判断されています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2422 ANDROID-26324357 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2015 年 12 月 23 日

Telephony での権限昇格の脆弱性

Telephony に脆弱性があるため、攻撃者が出荷時設定へのリセット保護を回避して 端末にアクセスできるようになるおそれがあります。この問題については、このような脆弱性を 利用すれば端末に実際にアクセスして出荷時設定へのリセット保護を回避できる 可能性があり、攻撃者が端末をリセットしてデータをすべて消去できるようになる おそれがあるため、重大度が「中」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2423 ANDROID-26303187 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内

SyncStorageEngine でのサービス拒否の脆弱性

SyncStorageEngine にサービス拒否の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリによって 再起動ループが引き起こされるおそれがあります。この問題については、このような脆弱性を利用して ローカルで一時的なサービス拒否が引き起こされ、初期状態へのリセットによる修復が必要となる おそれがあるため、重大度が「中」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2424 ANDROID-26513719 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 Google 社内

AOSP メールでの情報開示の脆弱性

AOSP メールに情報開示の脆弱性があるため、悪意のあるローカルアプリが ユーザーの個人情報にアクセスできるようになるおそれがあります。この 問題については、こうした脆弱性を利用して「dangerous」権限の不正な取得が可能になる おそれがあるため、重大度が「中」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2425 ANDROID-26989185 4.4.4、5.1.1、6.0、6.0.1 2016 年 1 月 29 日
CVE-2016-2425 ANDROID-7154234* 5.0.2 2016 年 1 月 29 日

* この問題に対するパッチは AOSP にはありません。アップデートは Google デベロッパー サイトから 入手できる Nexus 端末用最新バイナリ ドライバに 含まれています。

フレームワークでの情報開示の脆弱性

フレームワーク コンポーネントに情報開示の脆弱性があるため、アプリが 機密情報にアクセスできるようになるおそれがあります。この問題については、こうした脆弱性を 利用して許可なく不正にデータにアクセスすることが可能になるおそれがあるため、 重大度が「中」と見なされています。

CVE バグと AOSP リンク 重大度 更新されたバージョン 報告日
CVE-2016-2426 ANDROID-26094635 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1 2015 年 12 月 8 日

一般的な質問と回答

上記の公開情報に対する一般的な質問とその回答について、以下で説明します。

1. 上記の問題に対処するように端末が更新されているかどうかを確かめるには、どうすればよいですか?

上記の問題に対処するアップデートは、セキュリティ パッチ レベルが 2016 年 4 月 2 日以降の ものです(セキュリティ パッチ レベルを 確認する方法については、Nexus のドキュメントをご覧ください)。これらのアップデートを 組み込む端末メーカーは、パッチ文字列のレベルを [ro.build.version.security_patch]:[2016-04-02] に 設定する必要があります。

2. このセキュリティ パッチ レベルが 2016 年 4 月 2 日であるのはなぜですか?

通常、月例のセキュリティ アップデートのセキュリティ パッチ レベルは、毎月 1 日に 設定されます。4 月の場合、2016 年 4 月 1 日のセキュリティ パッチ レベルは、 この公開情報に記載された問題のうち CVE-2015-1805(2016 年 3 月 18 日の Android セキュリティ アドバイザリで 説明)を除くすべての問題が対処済みである ことを示します。2016 年 4 月 2 日のセキュリティ パッチ レベルは、この公開情報に記載された 問題が CVE-2015-1805(2016 年 3 月 18 日の Android セキュリティ アドバイザリで 説明)も含めてすべて対処済みである ことを示します。

改訂

  • 2016 年 4 月 4 日: 情報公開
  • 2016 年 4 月 6 日: 公開情報を改訂し AOSP リンクを追加
  • 2016 年 4 月 7 日: 公開情報を改訂し AOSP リンクを追加
  • 2016 年 7 月 11 日: CVE-2016-2427 の説明を更新
  • 2016 年 8 月 1 日: CVE-2016-2427 の説明を更新
  • 2016 年 12 月 19 日: 元に戻された CVE-2016-2427 を削除