Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ツール

仮想化システムでは、デバイスに複数の VM があり、それぞれが独自の ADB デーモンを実行している場合があります。この場合、ホスト VM は RNDIS イーサネット ガジェットをエクスポートできます。このガジェットは、USB の物理リンクを介した TCP/IP ベースの通信に使用できます。これにより、開発マシンは TCP/IP で ADB を使用して、デバイス上の複数の VM にアクセスできるようになります。ホスト側の ADB デーモンは、ADB サービスを公開することで、mDNS を介してゲスト VM 上の ADB の存在を通知できます。 さらに、開発マシンは ADB ツールを使用して、これらのサービスを参照できます。ADB ツールは、adb デーモンがリッスンしている IP アドレスとポート番号を取得してゲスト VM に接続する、mDNS デバイス検出をサポートしています(ADB バージョン 31.0.2 以降)。

開発マシンで次のコマンドを使用すると、ADB サービスの参照、および ADB サービスへの接続を行うことができます。

  1. mDNS 検出を有効にするには、次のコマンドを実行します。
    export ADB_MDNS_OPENSCREEN=1
    adb kill-server
    adb start-server
    
  2. ADB サービスを検出するには、次のコマンドを実行します。
    adb mdns services
    
    List of discovered mdns services
    driver_vm	_adb._tcp	192.168.1.49:4444
    device_vm	_adb._tcp	192.168.1.49:3333
    
  3. デバイスに接続するには、次のコマンドを実行します。
    adb connect driver_vm._adb._tcp
    
  4. 接続済みデバイスを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。
    adb devices
    
    List of devices attached
    driver_vm._adb._tcp device