Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

用語

Android Automotive では、以下の用語と頭字語を使用します。

用語 定義
Android Application Package(APK) Android オペレーティング システムがアプリの配布に使用するアーカイブ(パッケージ)ファイル形式。
Android Auto Google が開発したスマートフォン投影。これにより、Android 5.0 以降が搭載されたモバイル デバイスでアプリを車内に投影できるようになります。
Android Automotive 自動車アプリを開発するための埋め込みのオペレーティング システムとプラットフォーム。
Android オープンソース プロジェクト(AOSP) Android ソフトウェア スタックのリポジトリ。Google が主導する AOSP リポジトリは、Android スタックのカスタム バリアントの作成、Android プラットフォームへのデバイスとアクセサリの移植、Android デバイスが互換性要件を満たしていることを保証するための情報とソースコードを提供しています。
アプリケーション プログラミング インターフェース(API)

ユーザーがプログラムでツールやサービスにアクセスし、ソフトウェア アプリを作成できるようにする一連のプロトコル。

イーサネット経由の音声ビデオ ブリッジング(イーサネット AVB) IEEE 802.1 コア規格の拡張機能のセット。時間同期された、低遅延のストリーミング サービスを提供します。
自動車安全水準(ASIL) ISO 26262(Functional Safety for Road Vehicles)規格で定義されているリスク分類方式。
自動車用テストスイート(ATS) Android Automotive の実装が想定どおりに動作していることを確認するために設計されたテストスイート。たとえば、ATS テストでは、車の暖房換気空調システム統合を検証する Car*Manager API が使用されます。
ボード サポート パッケージ(BSP) デバイスの SoC 固有のファームウェア。
コントローラ エリア ネットワーク(CAN) マイクロコントローラとデバイスが相互に通信できる車両バス標準。
互換性定義ドキュメント(CDD) 互換性のある Android デバイスのソフトウェア要件とハードウェア要件を列挙したドキュメント。詳細については、Android の互換性をご覧ください。
互換性テストスイート(CTS) アップストリームの Android プラットフォームとの互換性を確立するためのテストスイート。詳しくは、互換性テストスイートをご覧ください。
クリティカル ユーザー ジャーニー(CUJ) ユーザーがクリティカルな(重要な)目標を達成するために取る手順。
Digital Audio Broadcasting(DAB)と Terrestrial-DAB(T-DAB)

アナログ音声がデジタル信号に変換され、AM または(通常は)FM 周波数帯の割り当てチャンネルで伝送される音声放送。

デジタル著作権管理(DRM) インターネットなどのデジタル メディア上に広がるデータの著作権を保護するためのシステム。セキュアな配信を有効にするか、データの不正な配信を無効にします。
デジタル シグナル プロセッサ(DSP) 特殊なマイクロプロセッサ(または SIP ブロック)。アーキテクチャは、デジタル シグナル プロセッサのオペレーション ニーズ向けに最適化されています。実際の連続するアナログ信号を測定、フィルタ、圧縮できるように設計されています。
ドライバーの注意散漫(DD) ドライバーの注意が道路からそれているような状態での運転。
Google Automotive Services(GAS) 自動車に実装するための Google モバイル サービス(GMS)。Android Automotive デバイスに統合できる Google サービスとアプリのセットを提供します。
Hardware Abstraction Layer(HAL) 他のすべての上位モジュールがハードウェア機能にアクセスするためにやり取りする必要があるソフトウェア レイヤ。HAL だけがデバイス上の各種ハードウェア コンポーネントのデバイス ドライバを直接呼び出すことができます。
ヘッドユニット(HU) 車両センターのコンソールのメイン ディスプレイに搭載されたコンピューティング ユニット。
暖房換気空調システム(HVAC) 特定の運用環境を維持するために設計された機械的なインフラストラクチャ機能のセット。HVAC システムは、住宅の暖房、データセンターの冷却、車両におけるファン速度の制御などのアクティビティを行います。
車載インフォテインメント(IVI) 音声や動画のエンターテイメントを提供する車両のハードウェアおよびソフトウェアの機能のセット。Android Automotive デバイスのユーザー向けの機能を示す場合、ヘッドユニット(HU)と同義で使用されることがよくあります。
重要業績評価指標(KPI) 組織の成功に不可欠な要因を評価するためのビジネス指標。
ローカル相互接続ネットワーク(LIN) 車両のコンポーネント間の通信に使用されるシリアル ネットワーク プロトコル。
相手先ブランド製品製造企業(OEM) 車両用の統合 IVI ソフトウェアを作成する自動車メーカー(またはサプライヤー)。
リアルタイム オペレーティング システム(RTOS) バッファリングの遅延を最小限に抑えて受信時のデータを処理するリアルタイム アプリケーション向け OS。処理時間の要件(OS の遅延など)は、10 分の 1 秒以下の短い単位で測定されます。
サービスレベル契約(SLA) 2 者間のサービス契約。パフォーマンス、可用性、信頼性などの測定可能な条件で提供サービスに関する契約を定めています。
システム オン チップ(SoC) コンピュータなどの電子システムにおけるすべてのコンポーネントを 1 つのチップに統合する集積回路。
高信頼実行環境(TEE) 通常のカーネルの下で稼働し、特殊なハードウェアによってサポートされる小型 OS によって生成される環境。この OS では特別なアプリを実行できます。OS とアプリの相互の安全に加え、(通常の OS が通常のハードウェアを制御している場合でも)通常の OS やプログラムからも安全に保たれます。ハードウェアの暗号認証情報にアクセスして、ネットワーク経由で、またはストレージ ハードウェアの安全性を確保するために、特定のプログラムが ID を証明できるようにします。
車両 HAL OEM が実装可能なプロパティを定義するインターフェース。プロパティが int であるか、どの変更モードが許可されるかといったプロパティ メタデータを含みます。
Vehicle Mapping Service(VMS) 先進運転支援システム(ADAS)をサポートする車載データ交換サービス。道路データやナビゲーション データを他の車両システムと共有できるようにします。これにより、多くの車両部品やシステムが、周囲の道路を認識するようになるため、よりインテリジェントな動作が可能になります。
車両ネットワーク サービス(VNS) ビルトイン セキュリティで車両 HAL を制御します。アクセスできるのはシステム コンポーネントのみです(サードパーティ アプリなどの非システム コンポーネントでは、代わりに自動車 API を使用する必要があります)。
パーキング、リバース、ニュートラル、ドライブ、ロー(PRNDL) 大半の車両で使用可能なギア。