Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

adbd

adbd モジュールは、コマンドライン adb と IDE のデバッグ セッションを管理します。このモジュールは更新可能です。つまり、通常の Android リリース サイクル外で機能のアップデートを受信できます。

adbd について

adbd をモジュール化することで、パフォーマンスの改善(過去に行われた改善と今後の新たな改善)、バグの修正(バッテリーが切れるまで CPU 100% で adbd が動作し続けることを含む、複数のパワードレイン バグ)、旧バージョンの Android にバックポートされていない機能を、より迅速に提供できるようになります。このような改善は、adbd の信頼性に貢献しており、不合格になるとアプリ デベロッパーと OEM にオフライン デバイスを手動で再接続 / 再起動させる可能性がある自動テストで重要です。信頼性の問題は、出荷時設定(OEM)とボード起動(SoC ベンダー)にも影響します。

モジュールの境界

adbd モジュールの境界は system/core/adb/system/bin/adbd です。

モジュールの形式

adbd モジュール(com.google.android.adbd)は APEX 形式であり、Android 11 以降を搭載したデバイスで利用できます。

モジュールの依存関係

adbd モジュールは以下に依存します。

  • Android ランタイムによる Java Debug Wire Protocol(JDWP)デバッグ プロトコル。adbd は libadbconnection_server に対して動的にリンクします。

  • system_server による認証。adbd は libadbd_auth に対して動的にリンクします。

カスタマイズ

adbd モジュールはカスタマイズをサポートしていません。