Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

システムカメラ

Android 11以降を実行しているデバイスでは、Androidフレームワークはシステムカメラをサポートします。システムカメラは、 android.permission.SYSTEM_CAMERA権限と通常のカメラ権限を持つプロセスにのみ表示されるカメラデバイスです。 Android 11で導入されたandroid.permission.SYSTEM_CAMERA権限には、 system|signature保護レベルがありsystem|signature 。つまり、システムパーティションにインストールされているアプリ、またはシステムと同じ証明書で署名されているアプリのみにこの権限を付与できます。サードパーティの公開アプリはシステムカメラにアクセスできません。

システムカメラは、カメラへのアクセスを必要とする機能を実装したいが、特権アプリまたはシステムアプリに制限されているデバイスメーカーにとって便利です。

付与されているシステムのアプリなのでandroid.permission.SYSTEM_CAMERA権限も持っている必要がありますandroid.permission.CAMERA許可を、ユーザーが通常の取消しを選択することができますCAMERAデバイス上でカメラにアクセスすることから、このようなアプリを防止するための権限を。

実装

特定のカメラデバイスをシステムカメラにするには、カメラHALが機能リストでANDROID_REQUEST_AVAILABLE_CAPABILITIES_SYSTEM_CAMERAをアドバタイズする必要があります。

システムカメラにアクセスできるアプリを作成するには、アプリをデバイス固有のprivapp-permissions.xmlファイルにホワイトリストに登録する必要があります。このファイルには、 android.permission.SYSTEM_CAMERA権限を付与する必要があるアプリが指定されています。

検証

デバイス上のシステムカメラがパブリックアプリによって検出されないことを確認するには、 android.permission.cts.Camera2PermissionTest.testSystemCameraDiscoveryテストを実行します。

すべてのカメラCTSテストは、システムカメラデバイスで実行されます。