Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

緊急通報番号と緊急通報

世界中のさまざまな携帯通信会社や規制の要件を満たすと同時に、Android ユーザーの役に立つデバイスであるためには、緊急通報は重要で不可欠なものです。Android フレームワークは、高速かつ安全な緊急通報操作を実現します。

Android 10 では、SIM、ネットワーク、モデム、データベースの詳細な緊急通報番号リストを使用することで、緊急通報の機能、メンテナンス、ローカル Android プラットフォームのアップデートに対するサポートが改善されています。Android 10 は、緊急サービスの種類(警察、火災、救急車など)に基づいた緊急通報にも対応しています。Android 10 では、TelephonyManager API で複数のサブスクリプションの緊急通報番号を共有することで、マルチ SIM デバイスのサポートを強化しました。

Radio HAL 1.4 を備えた Android 10 では、HAL インターフェースで緊急通報と通常の通話を区別して緊急通報の経路を最適化し、Android データベースに設定されている適切な緊急通報番号にダイヤルできるようにするように改善されています。

実装

緊急通報機能と緊急通報番号機能を実装するには、次の TelephonyManager API とハードウェア インターフェース API を実装します。

TelephonyManager API

次の API を実装します。

  • 言語 / 地域、SIM カード、デフォルト、モデム、Android データベース、ネットワークなどの緊急通報番号ソースに基づいて、有効な緊急通報番号を取得する getEmergencyNumberList を実装します。緊急通報番号ごとに、対応する緊急サービスのカテゴリ(警察、救急車、火災など)を指定します。
  • 電話番号が緊急通報番号かどうかを特定する isEmergencyNumber を実装します。
  • 緊急通報番号と先頭数桁が同じ番号を緊急通報番号と同様に扱う isPotentialEmergencyNumber を実装します。

緊急通報番号ソースの値は次のとおりです。

  • EMERGENCY_NUMBER_SOURCE_NETWORK_SIGNALING: 番号はネットワーク信号に起因します
  • EMERGENCY_NUMBER_SOURCE_SIM: 番号は SIM カードに起因します
  • EMERGENCY_NUMBER_SOURCE_DATABASE: 番号はプラットフォーム管理データベースに起因します
  • EMERGENCY_NUMBER_SOURCE_MODEM_CONFIG: 番号はモデム設定に起因します
  • EMERGENCY_NUMBER_SOURCE_DEFAULT: 番号はデフォルトで使用できます。112 と 911 は常に使用できる必要があります。SIM が存在しない場合は、000、08、110、999、118、119 を使用可能にする必要があります。詳しくは、3GPP TS 22.101 の Section 10: Emergency Calls をご覧ください。

緊急サービスのカテゴリの値は次のとおりです。

  • UNSPECIFIED: 緊急通報全般、すべてのカテゴリ
  • POLICE: 警察
  • AMBULANCE: 救急車
  • FIRE_BRIGADE: 消防
  • MARINE_GUARD: 海上警備
  • MOUNTAIN_RESCUE: 山岳救助
  • MIEC: 手動で発信された eCall(MIeC)
  • AIEC: 自動的に発信された eCall(AIeC)

詳しくは、3GPP TS 22.101 の Section 10: Emergency Calls をご覧ください。

ハードウェア インターフェース API

IRadio.halemergencyDial を実装します。応答タイプ、シリアル番号、エラー情報を含むレスポンスを送信するために、IRadioResponse.halemergencyDialResponse を実装します。

緊急通報番号の現在のリストを報告するには、IRadioIndication.halcurrentEmergencyNumberList を実装します。types.halEmergencyNumber を実装します。これには、番号アドレス、モバイル国コード(MCC)、モバイル ネットワーク コード(MNC)、緊急サービス カテゴリ、緊急 URN(統一リソース名)、緊急通報番号ソースなど、緊急通報番号に関する情報が含まれます。

緊急通報の処理方法を指定するには、EmergencyCallRouting を使用します。緊急通報のリクエストには、必要に応じて緊急用のルーティングまたは通常の通話ルーティングのいずれかを使用できます。これが UNKNOWN の場合、ルーティングは実装に基づいて決定されます。

検証

実装を検証するには、次の CTS テストと VTS テストを実施します。

CTS テスト

VTS テスト

関連情報

関連する技術仕様と標準について詳しくは、以下をご覧ください。