Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

テレビ スタンバイ

Android 11 では、連続スリープは省電力機能であり、ウェイクロックが保持されている場合でも、ユーザーがアイドル状態になると、デバイスがスリープ状態になるまでの時間を設定できます。タイムアウトが期限切れになると、ユーザーがデバイスを操作するとスリープ状態にならなくなることを示すメッセージが表示されます。

このコンテキストで、ユーザー アクティビティとは、(USER_ACTIVITY_FLAG_NO_CHANGE_LIGHTS フラグを含まない)PowerManager#userActivity を呼び出す呼び出しを指します。これには次のものが含まれます。

  • タッチスクリーンの操作
  • 物理的なボタンを押す
  • 外部アクセサリ(入力キーボード、Bluetooth リモコン、IR リモコンなど)からの入力イベント
  • 音声インタラクション
  • One Touch Play などの特定の HDMI CEC メッセージを受信する
  • 新しいキャスト セッションを開始する

カスタマイズ

この機能を有効にすると、指定した時間操作がないと、デバイスに画面上の警告が表示されます。何もしない場合、デバイスはスリープ状態になります。構成オプションを使用して機能をカスタマイズできます。