Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Tradefed でのデバイス割り当て

テスト(インストゥルメンテーション テストなど)を開始する際、正常に実行できるデバイスが必要になる場合があります。一部のテスト(Java 単体テストなど)では、デバイスが不要な場合もあります。テストによっては、複数のデバイスが必要な場合もあります(スマートフォンとスマートウォッチの両方を使用するテストなど)。上記のすべてのケースでは、デバイスが正常に実行されるように、デバイス マネージャーによって必要なデバイスがテストに割り当てられます。このフェーズをデバイス割り当てまたはデバイス選択ステップと呼びます。

割り当ては DeviceSelectionOptions を通じて行われます。このファイルにより、以下のようなデバイスの必要なプロパティをテストで宣言できます。

  • 電池残量
  • デバイスのタイプ
  • 製品のタイプ
  • シリアル番号

これ以外にも、さまざまなプロパティがあります。

実際のデバイスを使用する場合

これは、デバイスのプロパティを指定しないテストに割り当てられるデフォルト設定です。AVAILABLE とマークされている物理デバイスがランダムに選択され、テストに割り当てられます。

デバイスを使用しない場合

テストでデバイスが不要な場合は、コマンドラインで --null-device または -n を指定するか、構成 XML で <option name="null-device" value="true" /> を指定できます。これにより、割り当てられたデバイスがないことを表すスタブ プレースホルダ NullDevice が割り当てられます。