Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Trade Federation コンソール

Trade Federation コンソールはオプションのコンポーネントです。デバイスの状態から処理中の現在のテストまで、Trade Federation の状態と表示内容を検査できます。

並行して実行されている多数のテストをモニタリングし、各テストの進行状況を把握する優れたツールです。

コンソールへのアクセス

Tradefed がビルドされると、tradefed.sh ランチャー スクリプトにパスからアクセスできるようになり、デフォルトでコンソールに移動します。

コンソールには tf > プロンプトが表示されます。

コンソールでできること

コンソールの help には、常に最新の情報が表示されます。次のような興味深い機能があります。

  • デバイスと、Tradefed に状態がどのように見えているかをリストする list devices
  • 現在実行中の呼び出しとそのメタデータをリストする list invocations
  • 実行中のすべての呼び出しと Tradefed のログを取得する dump logs

コンソールでは、どこにも表示されていないいくつかの状態をクエリすることで、Tradefed とデバイスで起こっていることをデバッグできます。

コンソールを回避する方法

1 回限りのコマンドを実行しているときなど、場合によってはコンソールが不要なこともあります。

このような場合、コンソールが起動しないように、commandAndExittradefed.sh ランチャー スクリプト コマンドに追加できます。Tradefed をスクリプトの一部として実行する場合、または出力を直接パイプする場合、この追加の引数が必要になります。スクリプトから Tradefed を実行しているときにコンソールを有効にすると、動作に一貫性がなくなり、複数の問題が発生する可能性があります。

tradefed.sh run commandAndExit <usual command>
    

コンソールのオートコンプリート

コンソールには、設定名の基本的なオートコンプリート機能があります。

tf > run <hit TAB>
    result in:
    Display all 167 possibilities? (y or n)
    

run の後に Tab キーを押すと、利用可能な設定の全リストを取得できます。名前の一部がすでに入力されている場合は、コンソールにすべての候補が表示されます。

tf >run tf/<HIT TAB>

    tf/acceptance            tf/fake                  tf/func
    tf/stress                tf/uiautomator           tf/unit-runner
    tf >run tf/
    

これは、正確な設定名がわからない場合に便利です。