Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

TF テストのライフサイクル

Trade Federation を使用して実行されるテストのライフサイクルは、正式に定義されたインターフェースを中心に設計された 4 つの個別のステージで構成されます。

定義済みインターフェース

  • ビルド プロバイダ: ビルドを提供し、必要に応じて適切なファイルをダウンロードします。
  • ターゲット作成ツール: テスト環境を準備します。これにはソフトウェアのインストールやデバイスの設定が含まれる場合もあります。
  • テスト: テストを実行し、テスト結果を収集します。これはいずれかの JUnit テストですが、IRemoteTest インターフェースは、特に Trade Federation 環境でうまく機能するように設計されています。
  • テスト呼び出しリスナー: テスト結果をリッスンします。通常、テスト結果をリポジトリに転送するか、テストランナーに表示する目的で使用します。

TF の基本的なテスト エンティティは設定(config)です。config は、テストのライフサイクル コンポーネントを宣言する XML ファイルです。

このテストのライフサイクルの分離は、再利用を可能にすることを目的としています。この設計を使用して、開発者はテストを 1 回作成でき、インテグレータはさまざまな設定を作成して、さまざまな環境でテストを実行できます。たとえばローカルマシンでテストを実行し、結果を stdout にダンプする設定を作成できます。その後、同じテストを実行する 2 番目の設定を作成できますが、別のテスト呼び出しリスナーを使用してテスト結果をデータベースに格納します。3 番目の設定は、テストラボのどこからでも継続的にテストを実行するように設計できます。

ここでは、設定とそのコマンドライン引数(テストランナーが提供)をコマンドということに注意します。TF がコマンドと ITestDevice を組み合わせて実行する場合、後続のオブジェクトは呼び出しといいます。つまり、呼び出しにはライフサイクル全体にわたる完全な TF テスト実行が含まれます。

その他の設定コンポーネント