Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

TF のスタートガイド

Trade Federation はさまざまなユースケースに対応できる大規模なテスト インフラストラクチャであり、たいていの場合に必要となるのは、その機能の一部にすぎません。まず、TF ユーザーは、開発者、インテグレータ、テストランナーという 3 つの主要な役割のいずれかを果たすことが想定されています。特定の個人がこれら 3 つの役割のいずれか(またはすべて)を担っていることもありますが、区別することでドキュメントの案内が容易になります。

開発者

開発者は、Java で記述された TF モジュールの作成に多くの時間を費やします。設定を作成してテストを実行することもありますが、これは通常、モジュールが適切に呼び出され、期待どおりに機能していることを確認するためにのみ行います。

インテグレータ

インテグレータは、XML テスト設定またはコマンド ファイル(単純なシェルのような言語で記述)の作成に多くの時間を費やします。開発者が作成した TF モジュールを、特定のテスト要件と目標に必要な特定の設定を結び付けます。

テストランナー

テストランナーは、テストの実行に多くの時間を費やします。一般に、テスト結果が生成されていることを確認し、また生成されたテスト結果に関連性があり、再現性があり、正確であることを確認します。Tradefed のコマンドライン インターフェースの操作に多くの時間を費やし、結果が合理的であることも確認します。

Trade Federation を最大限に活用するには、3 つの役割をすべて表す必要があります。開発者とインテグレータは、TF を、ビルドシステムやテスト結果リポジトリのような他のインフラストラクチャと相互運用します。インテグレータとテストランナーは、TF で、必要なテストを実際に実行し、必要なテスト結果を生成します。テストランナーは、不合理な結果を特定し、開発者やインテグレータと連携してバグのある場所を見つけ、修正します。

次のステップ

3 つの役割すべてを持つユーザーは少なくとも、残りすべてのドキュメントに目を通しておく必要があります。マシンのセットアップでは、TF を(作成またはダウンロードすることで)実行できるようになります。デバイスの操作では、物理デバイスを使用して、エミュレータを使用して、またはデバイスをまったく使用せずに、テストを実行する方法について説明します。テストのライフサイクルのページでは、開発者、インテグレータ、テストランナーの役割がどのように相互作用するかについて理論的な観点から説明し、オプションの取り扱いでその理論を実践する方法を示します。

最後に、エンドツーエンドの例で、サンプルテストの開発、統合、デプロイについて説明します。これには各役割の様相が含まれ、ドキュメントでは直接説明されていない複雑なことを行う方法のヒントが記載されています。

ここですべてを終えてもまだ答えられていない疑問がある場合は、まず Trade Federation のソースコードを調べてみてください。それ以上は、Android プラットフォームの Google グループに質問をご自由にお寄せください。最良の結果を得るには、メッセージの件名に「Trade Federation」(「tradefed」、または「TF」)と記載することをおすすめします。