インタラクション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android のアプリケーションの観点からは、すべての Android センサーが独立したエンティティであるため、異なるセンサー間でインタラクションは発生しません。

  • このことは、複数の Android センサーが同じ基盤となる物理センサーを共有している場合でも当てはまります。
  • たとえば、すべて同じ物理加速度計に依存している歩数計、大型モーション センサー、加速度計は、同時に動作できる必要があります。
  • 同じセンサーのウェイクアップ バージョンと非ウェイクアップ バージョンについても同じことが言えます。

Android センサーは、互いに独立して同時に動作できる必要があります。つまり、ある Android センサー上の操作は、他のセンサーの動作には影響を与えることができません。

具体的には、HAL レベルでは次のようになります。

  • センサーを有効化する
  • センサーを無効化する
  • センサーのサンプリング周波数を変更する
  • センサーの最大レポート レイテンシを変更する

次の動作はできません。

  • 他の有効なセンサーの動作を停止させる
  • 他の有効なセンサーにサンプリング レートを変更させる
  • 他の有効なセンサーに測定値の品質を下げさせる
  • 他の有効でないセンサーを有効にしてイベントを送信させる

上記のアクションのいずれも、他のセンサーでの正常なアクション(有効化、非無効化、パラメータの変更)を妨げることはできません。たとえば、歩数カウンタを有効にできるかどうかは、加速度計が現在有効になっているかどうかとは無関係です。

もう 1 つの重要な例は、5 Hz の周波数で有効化されたウェイクアップ センサーは、非ウェイクアップ バリエーションが 100 Hz の周波数で有効化されている場合でも、約 5 Hz の周波数でイベントを生成する必要があることです。