テスト開発ワークフロー

テストをプラットフォームの継続的なテストサービスに統合するには、このページのガイドラインに適合させ、以下の推奨フローに従う必要があります。

  1. シンプルなテスト構成Soong ビルドシステムを使用します。
  2. Test Mapping を使用すると、presubmit および postsubmit のテストルールを簡単に直接 Android ソースツリーに作成できます。
  3. Atest を使用してローカルでテストを実行します。

テストの種類

サポートされているテストの種類は次のとおりです。

機能テストは、テストケースの合否のアサーションを行いますが、指標テストは繰り返し実行してタイミング指標を測定します。

標準化された入出力形式により、テストごとにカスタマイズされた結果解析と後処理が不要になり、規則に適合するすべてのテストに一般的なテストハーネスを使用できます。Android に付属の継続的なテスト フレームワークについては、Trade Federation の概要をご覧ください。

テストケースのガイドライン

継続的なテストサービスを介して実行されたテストケースは、すべての依存関係が宣言され、テストが用意されている密閉型であることが求められます。この原理を理解するには、Google テストブログの密閉型サーバーをご覧ください。要するに、密閉型テストでは以下のような作業は一切必要ありません。

  • Google アカウントにログイン
  • 接続の設定(電話 / Wi-Fi / Bluetooth / NFC)
  • テスト パラメータの引渡し
  • 特定のテストケースのテストハーネスによるセットアップまたは破棄