指標テスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

一般的に、指標テストは、Hardware Abstraction Layer(HAL)の実行や、低レベルのシステム サービスとの直接のやり取りに使用されます。継続的なテストサービスを活用するには、指標テストを google-benchmark フレームワークで構築する必要があります。

指標テスト モジュールの設定例については、bionic/benchmarks/bionic-benchmarks をご覧ください。

ステップの概要

  1. テスト モジュール構成ファイルでは、BUILD_NATIVE_BENCHMARK ビルドルールを使用して、google-benchmark の依存関係が自動的に含まれるようにします。
  2. テスト モジュールを make でビルドします。

    make -j40 bionic-benchmarks
    
  3. Trade Federation テストハーネスを使用して自動インストールと実行を行います。

    make tradefed-all -j
    tradefed.sh run template/local_min --template:map test=bionic-benchmarks
    
  4. 次のように手動でインストールして実行します。

    1. 生成されたテストバイナリをデバイスにプッシュします。

      adb push ${OUT}/data/benchmarktest/bionic-benchmarks/bionic-benchmarks32 \
        /data/benchmarktest/bionic-benchmarks/bionic-benchmarks32
      
    2. デバイスでテストバイナリを起動してテストを実行します。

      adb shell /data/benchmarktest/bionic-benchmarks/bionic-benchmarks32