Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ベンダー テストスイート(VTS)とインフラストラクチャ

Android ベンダー テストスイート(VTS)は、Android のテストに幅広い新機能を提供し、テスト駆動開発プロセスを推進します。Android 開発コミュニティがテストデータを活用するために、Android には次のテストリソースが用意されています。

  • コードラボと動画チュートリアル: Android 9 と Android 8.1 での VTS と CTS on GSI の実行と開発に関する動画とコードラボについて説明しています。
  • VTS を使用したシステムテスト: VTS を使用して Android ネイティブ システムの実装をテストし、テスト環境をセットアップした後、VTS プランを使用してパッチをテストする方法を説明しています。
  • テスト フレームワーク: VTS テスト フレームワークの使用について詳しく説明しています。以下のものがあります。
    • デバイスシェル コマンド: デバイスシェル コマンドを使用して、ターゲット側のテストバイナリの実行、プロパティ、環境変数、システム情報の取得と設定、Android フレームワークの起動と停止を行う手順。
    • テスト テンプレート: VTS ランナーの BaseTest のホスト側 Python サブクラスとは別のテスト モジュール用テスト テンプレートの設定と使用に関する詳細。
    • サービス名認識型 HAL テスト: Android 9 でサポートされる、VTS を実行中のデバイスに基づいて特定の HAL インスタンスのサービス名を取得する機能の詳細。
    • HAL テスト可否チェック: Android 9 でサポートされる、実行時にデバイス設定を使用してデバイス ターゲットでスキップすべき VTS テストを特定する手段の詳細。
    • マルチデバイス テスト: 複数の Android デバイス間での通信が必要なテストを設定する手順。
    • デバッグ用 RAM ディスクを使用した VTS テスト: デバッグ用 RAM ディスクを使用して VTS を汎用システム イメージ(GSI)で実行する方法。
  • VTS ダッシュボード: VTS の結果を表示するためのウェブベースのユーザー インターフェース。詳細は次のとおりです。
    • セットアップ: VTS ダッシュボードのセットアップと設定の手順。
    • データベース: 継続的インテグレーション ダッシュボードをサポートするスケーラブルなバックエンド。
    • ユーザー インターフェース: マテリアル デザインを使用して、テスト結果、プロファイリング、カバレッジに関する情報を効果的に表示する一貫性のあるユーザー インターフェースです。
  • ラボのインフラストラクチャ: VTS、CTS、その他のテストを AOSP 汎用システム イメージ(GSI)が動作しているパートナーのデバイスで実行するための自動テスト インフラストラクチャのアーキテクチャについて説明しています。ホスト コントローラが必要です。
  • binder と hwbinder のパフォーマンス テスト: スループットとレイテンシを測定するためのツールです。

詳細については、Google Developers が作成した developer.android.com の Android VTS コードラボAndroid VTS 製品の動画をご覧ください。