Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

VTS を使用したシステムテスト

ベンダー テストスイート(VTS)は、HAL と OS カーネルのテストを自動化します。VTS を使用して Android ネイティブ システムの実装をテストするには、テスト環境をセットアップした後、VTS プランを使用してパッチをテストします。

テスト環境の構築

次のようにして、テスト環境をセットアップします。

  1. 次のコマンドを実行して、Python 開発キットをインストールします。
        sudo apt-get install python-dev
        
  2. 次のコマンドを実行して、プロトコル バッファ ツール(Python 用)をインストールします。
        sudo apt-get install python-protobuf
        sudo apt-get install protobuf-compiler
        
  3. 次のコマンドを実行して、Python 仮想環境に関連したツールをインストールします。
        sudo apt-get install python-virtualenv
        sudo apt-get install python-pip
        

パッチのテスト

次のようにして、パッチをテストします。

  1. 次のコマンドを実行して、VTS ホスト側のパッケージをビルドします。
        . build/envsetup.sh
        lunch aosp_arm64-userdebug
        make vts -j
        
  2. 次のコマンドを実行して、デフォルトの VTS テストを実行します。
        vts-tradefed
        tf> run vts     // where vts is the test plan name
        

VTS プラン

次の VTS テストプランを使用できます。

コマンド 説明
> run vts デフォルトの VTS テストの場合
> run vts-hal デフォルトの VTS HAL(ハードウェア抽象化レイヤ)テストの場合
> run vts-kernel デフォルトの VTS カーネルテストの場合

すべてのプランのリストを確認するには、/test/vts/tools/vts-tradefed/res/config.md をご覧ください。

サポート

/test/vts/doc にあるユーザー マニュアルをご覧ください。VTS に関して質問がある場合は、android-vts@googlegroups.com に登録してください。