Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

デバッグ用 RAM ディスクを使用した VTS テスト

Android 10 では、GSI がリリース署名されているため、CTS-on-GSI/VTS 準拠テストを実行する汎用システム イメージ(GSI)が、userdebug からユーザー ビルドタイプに変更されます。ただし、テスト中の Android デバイスへのホストルート権限を与える adb root コマンドは、ユーザービルドでは使用できません。これは、VTS の実行に adb root が必要なため問題です。

デバッグ用 RAM ディスクは、デバイスがロック解除されている場合に adb root を可能にするため Android 10 で導入されました。これにより、同じユーザービルド GSI system.img を再利用され、テストフローがシンプルになります。STS のセットアップの場合は、別の userdebug OEM system.img が引き続き必要です Android 10 の準拠テストのイメージとビルドタイプを次の表に示します。

テストスイート テストに使用するイメージビルドデバッグ用 RAM ディスクadb root?Android 9 から 10 でのビルド バリアントの変更
CTS OEM のシステム イメージ user × × 変更なし
CTS-on-GSI GSI user × ×

userdebug から user GSI

リリース署名

STS OEM のシステム イメージ userdebug × Q の新機能
VTS GSI user

userdebug から user GSI

リリース署名

デバッグ用 RAM ディスクを使用するための前提条件

デバッグ用 RAM ディスクは、準拠テストを実行する OEM によって提供されます。リリース署名されず、デバイスをロック解除している場合のみ使用できます

次の場合、デバイスのアップグレード用にデバッグ用 RAM ディスクが生成または使用されることはありません。

  • BOARD_BUILD_SYSTEM_ROOT_IMAGE が true の場合
  • skip_initramfs がカーネルのコマンドラインで指定された場合

AOSP の変更点

AOSP でのデバッグ用 RAM ディスクの変更点は、debug_ramdisk ハッシュタグで識別されます。

次の追加のイメージ ファイルは、ビルドフォルダ out/target/product/$(TARGET_DEVICE) に生成されます。

  • ramdisk-debug.img
  • boot-debug.img

boot-debug.img がデバイスの /boot パーティションに書き込まれると、userdebug 版のシステム sepolicy ファイルと、追加のプロパティ ファイル adb_debug.prop が読み込まれます。これにより、ユーザービルド system.img(GSI または OEM のいずれかのもの)を使用した adb root が可能になります。