サービスの実装

HAL 実装を準備するには、基本的な ConfigStore インターフェース コードを生成し、ニーズに合わせて変更します。

インターフェース コードの生成

インターフェースのボイラープレート コードを生成するには、hidl-gen を実行します。たとえば、surfaceflinger のコードを生成するには、以下を実行します。

    hidl-gen -o hardware/interfaces/configstore/1.0/default \
        -Lc++-impl \
        -randroid.hardware:hardware/interfaces \
        -randroid.hidl:system/libhidl/transport \
        android.hardware.config@1.0::ISurfaceFlingerConfigs
    

Android.mk の変更

次に、Android.mk ファイルを変更して、実装ファイル(<modulename>Configs.cpp)を LOCAL_SRC_FILES に追加し、ビルドフラグをマクロ定義にマッピングします。たとえば、hardware/interface/configstore/1.0/default/Android.mksurfaceflinger を次のように変更できます。

    LOCAL_SRC_FILES += SurfaceFlingerConfigs.cpp
    ifneq ($(NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS),)
        LOCAL_CFLAGS += -DNUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS=$(NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS)
    endif

    ifeq ($(TARGET_RUNNING_WITHOUT_SYNC_FRAMEWORK),true)
        LOCAL_CFLAGS += -DRUNNING_WITHOUT_SYNC_FRAMEWORK
    endif
    

Android.mk に複数の ifeq-endif ブロックが含まれている場合は、コードを新しいファイル(surfaceflinger.mk)に移動し、Android.mk でそのファイルをインクルードすることを検討してください。

関数の実装

HAL に必要な各種の関数を実装するには、(ビルドフラグで条件を設定して)さまざまな値で _hidl_cb 関数をコールバックします。たとえば、次に示すように、surfaceflinger に対応する各種の関数を hardware/interfaces/configstore/1.0/default/SurfaceFlingerConfigs.cpp に実装できます。

    Return<void> SurfaceFlingerConfigs::numFramebufferSurfaceBuffers(
            numFramebufferSurfaceBuffers_cb _hidl_cb) {
        #if NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS 2
        _hidl_cb(NumBuffers.TWO);
        #else if NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS 3
        _hidl_cb(NumBuffers.THREE);
        #else
        _hidl_cb(NumBuffers.USE_DEFAULT);
        #endif
    }

    Return<void> SurfaceFlingerConfigs::runWithoutSyncFramework(
            runWithoutSyncFramework_cb _hidl_cb) {
        #ifdef RUNNING_WITHOUT_SYNC_FRAMEWORK
        _hidl_cb({true /* specified */, true /* value */});
        #else
        // when macro not defined, we can give any value to the second argument.
        // It will simply be ignored in the framework side.
        _hidl_cb({false /* specified */, false /* value */});
        #endif
    }
    

HIDL_FETCH_interface-name という名前の関数(たとえば、HIDL_FETCH_ISurfaceFlingerConfigs)が実装に含まれていないことを確認してください。これは、configstore では使用されない(禁止されている)HIDL パススルー モードで必要な関数です。ConfigStore は常にバインドモードで実行する必要があります。

サービスとして登録する

最後に、すべてのインターフェース実装を configstore サービスに登録します。たとえば、hardware/interfaces/configstore/1.0/default/service.cppsurfaceflinger 実装を登録できます。

    configureRpcThreadpool(maxThreads, true);
    sp<ISurfaceFlingerConfigs> surfaceFlingerConfigs = new SurfaceFlingerConfigs;
    status_t status = surfaceFlingerConfigs->registerAsService();

    sp<IBluetoothConfigs> bluetoothConfigs = new BluetoothConfigs;
    status = bluetoothConfigs->registerAsService();

    // register more interfaces here
    joinRpcThreadpool();
    

早期アクセスの確保

フレームワーク モジュールが HAL サービスに早期アクセスできるようにするには、hwservicemanager の準備ができた直後に、できるだけ早く config HAL サービスを開始する必要があります。config HAL サービスは外部ファイルを読み取らないので、起動後すぐに使用できることを期待されます。