Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

構成

ConfigStore HAL はメモリ消費量が多く、使用方法が難しいため、Android 10 ではサポートを終了し、システム プロパティに置き換えました。Android 10 では次のようになります。

  • ConfigStore はビルドフラグを使用してベンダー パーティション内に構成値を格納し、システム パーティション内のサービスは HIDL を使用してそれらの値にアクセスします(この動作は Android 9 でも同様です)。
  • システム プロパティは PRODUCT_DEFAULT_PROPERTY_OVERRIDES を使用してベンダー パーティション内の default.prop にシステム プロパティを格納し、サービスは sysprop を使用してそれらのプロパティを読み取ります。

ConfigStore HAL は、従来のベンダー パーティションをサポートするために AOSP に残されます。Android 10 を搭載するデバイスでは、surfaceflinger が最初にシステム プロパティを読み込みます。SurfaceFlingerProperties.sysprop の設定項目に対してシステム プロパティが定義されていない場合、surfaceflinger は ConfigStore HAL にフォールバックします。

ビルドフラグとシステム プロパティ

次の表に示すとおり、ConfigStore の各ビルドフラグには、対応するシステム プロパティがあります。

ビルドフラグ システム プロパティ
TARGET_FORCE_HWC_FOR_VIRTUAL_DISPLAYS ro.surface_flinger.force_hwc_copy_for_virtual_displays
TARGET_HAS_HDR_DISPLAY ro.surface_flinger.has_HDR_display
TARGET_HAS_WIDE_COLOR_DISPLAY ro.surface_flinger.has_wide_color_display
NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS ro.surface_flinger.max_frame_buffer_acquired_buffers
MAX_VIRTUAL_DISPLAY_DIMENSION ro.surface_flinger.max_virtual_display_dimension
PRIMARY_DISPLAY_ORIENTATION ro.surface_flinger.primary_display_orientation
PRESENT_TIME_OFFSET_FROM_VSYNC_NS ro.surface_flinger.present_time_offset_from_vsync_ns
TARGET_RUNNING_WITHOUT_SYNC_FRAMEWORK ro.surface_flinger.running_without_sync_framework
SF_START_GRAPHICS_ALLOCATOR_SERVICE ro.surface_flinger.start_graphics_allocator_service
TARGET_USE_CONTEXT_PRIORITY ro.surface_flinger.use_context_priority
USE_VR_FLINGER ro.surface_flinger.use_vr_flinger
VSYNC_EVENT_PHASE_OFFSET_NS ro.surface_flinger.vsync_event_phase_offset_ns
SF_VSYNC_EVENT_PHASE_OFFSET_NS ro.surface_flinger.vsync_sf_event_phase_offset_ns

新しいシステム プロパティ

Android 10 には、次の新しいシステム プロパティがあります。

  • ro.surface_flinger.default_composition_dataspace
  • ro.surface_flinger.default_composition_pixel_format
  • ro.surface_flinger.use_color_management
  • ro.surface_flinger.wcg_composition_dataspace
  • ro.surface_flinger.wcg_composition_pixel_format
  • ro.surface_flinger.display_primary_red
  • ro.surface_flinger.display_primary_green
  • ro.surface_flinger.display_primary_blue
  • ro.surface_flinger.display_primary_white
  • ro.surface_flinger.protected_contents
  • ro.surface_flinger.set_idle_timer_ms
  • ro.surface_flinger.set_touch_timer_ms
  • ro.surface_flinger.use_smart_90_for_video
  • ro.surface_flinger.protected_contents
  • ro.surface_flinger.support_kernel_idle_timer

これらのプロパティの詳細については、frameworks/native/services/surfaceflinger/sysprop/SurfaceFlingerProperties.sysprop をご覧ください。

SurfaceFlingerProperties の使用

SurfaceFlingerProperties ライブラリの次の例では、関数名は SurfaceFlingerProperties.syspropapi_name です。

cc_binary {
    name: "cc_client",
    srcs: ["baz.cpp"],
    shared_libs: ["SurfaceFlingerProperties"],
}
java_library {
    name: "JavaClient",
    srcs: ["foo/bar.java"],
    libs: ["SurfaceFlingerProperties"],
}
import android.sysprop.SurfaceFlingerProperties;
...

static void foo() {
    ...
    boolean temp = SurfaceFlingerProperties.vsync_event_phase_offset_ns().orElse(true);
    ...
}
...
#include <SurfaceFlingerProperties.sysprop.h>
using namespace android::sysprop;

...

void bar() {
    ...
    bool temp = SurfaceFlingerProperties::vsync_event_phase_offset_ns(true);
    ...
}
...