Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

モノクロカメラ

Android 9 以降を搭載したデバイスは、モノクロカメラに対応しています。Android 10 では、Y8 ストリーム形式、モノクロ近赤外(NIR)カラーフィルタ アレイの静的メタデータ、モノクロカメラ用の DngCreator 関数のサポートが追加されました。

そのため、デバイス メーカーはモノクロまたは NIR カメラデバイスを実装し、Y8 ストリーム形式を使用してメモリ使用量を削減できます。論理マルチカメラ デバイスを構成する物理カメラとしてモノクロカメラを使用し、低照度ノイズ特性を改善できます。

実装

ハードウェア要件

この機能を実装するには、デバイスにモノクロカメラ センサーと、センサー出力を処理する画像信号処理装置(ISP)が必要です。

モノクロカメラの実装

カメラデバイスをモノクロカメラとしてアドバタイズするには、カメラ HAL が次の要件を満たしている必要があります。

  • android.sensor.info.colorFilterArrayMONO または NIR に設定されている。
  • 必須キーの BACKWARD_COMPATIBLE がサポートされ、MANUAL_POST_PROCESSING がサポートされていない。
  • android.control.awbAvailableModesAUTO のみが含まれ、android.control.awbStateandroid.control.awbLock に応じて CONVERTED または LOCKED に設定されている。
  • android.colorCorrection.modeandroid.colorCorrection.transformandroid.colorCorrection.gains が使用可能なリクエストキーと結果キーに含まれていない。そのため、カメラデバイスが LIMITED である。
  • 色に関連する次の静的メタデータキーが指定されていない。

    • android.sensor.referenceIlluminant*
    • android.sensor.calibrationTransform*
    • android.sensor.colorTransform*
    • android.sensor.forwardMatrix*
    • android.sensor.neutralColorPoint
    • android.sensor.greenSplit
  • すべてのカラーチャネルの値が次のメタデータキーと同じ。

    • android.sensor.blackLevelPattern
    • android.sensor.dynamicBlackLevel
    • android.statistics.lensShadingMap
    • android.tonemap.curve
  • android.sensor.noiseProfile にカラーチャネルが 1 つのみ指定されている。

Y8 ストリーム形式をサポートするモノクロ デバイスの場合、カメラ HAL は必須ストリームの組み合わせ(再処理を含む)で YUV_420_888 形式と Y8 形式との入れ替えをサポートする必要があります。

この機能では、次の公開 API が使用されます。

カメラ HAL について詳しくは、docs.html をご覧ください。関連する公開 API について詳しくは、ImageFormatCameraCharacteristicsCaptureRequestCaptureResult をご覧ください。

検証

モノクロカメラの実装を検証するには、次の CTS テストと VTS テストを実施します。

CTS テスト

  • testMonochromeCharacteristics
  • CaptureRequestTest
  • CaptureResultTest
  • StillCaptureTest
  • DngCreatorTest

VTS テスト

  • getCameraCharacteristics
  • processMultiCaptureRequestPreview