Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Android でのインタラクション

このページでは、Android がキーボード、センサーなどから受信するさまざまな入力を処理する方法について説明します。

ハプティクス

Android ハプティクス サブシステムは、触覚を通した刺激を生成するハードウェアとソフトウェアの機能です。このセクションでは、Android ハプティクス API を最大限に活用するためのガイダンスとコンプライアンスについて説明します。

入力

Android の入力サブシステムは、通常、システムの複数のレイヤを走査するイベント パイプラインで構成されます。最下層では、物理的な入力デバイスが、キーの押下やタッチ接触点などの状態変化を表す信号を生成します。

ニューラル ネットワーク

Android Neural Networks API(NNAPI)は、演算負荷の高い機械学習処理を実行します。このドキュメントでは、Android 9 用の Neural Networks API ドライバの実装方法についての概要を説明します。

周辺機器とアクセサリ

標準のプロトコル スイートを使用することで、さまざまな Android 搭載デバイスで Android の機能を拡張できる優れた周辺機器やアクセサリの実装が行えます。

センサー

Android センサーは、アプリがモバイル デバイスの基盤となる物理センサーにアクセスできるようにします。このセンサーは、センサーのハードウェア抽象化レイヤ(HAL)である sensors.h によって定義されるデータ提供型仮想デバイスです。

Context Hub Runtime Environment

Context Hub Runtime Environment(CHRE)は、埋め込みに配慮したシンプルな標準化 API により、低消費電力プロセッサでシステムレベルのアプリを実行するための共通プラットフォームを実現します。CHRE を使用すると、デバイス OEM はアプリ プロセッサから処理を容易にオフロードできるようになります。また、バッテリーを節約してさまざまなユーザー エクスペリエンスを改善し、常時稼働のコンテンツ ターゲット機能のクラスを提供できます。