Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

MediaCodec での低レイテンシのデコード

この機能は Android 11 で追加され、リアルタイム アプリに不可欠な、低レイテンシでのメディアのデコードが可能になりました。SoC パートナーは、この機能をサポートするデコーダ ドライバを提供する必要があります。メディア フレームワークは、AOSP で入手可能な Codec 2.0/OMX 構成パラメータを使用して、このモードを通知します。この機能を有効にする方法については、リファレンス実装をご覧ください。

実装

SoC パートナーは、この機能をサポートするデコーダ ドライバを実装する必要があります。アプリ デベロッパーは新しい API を使用して、この機能を使用できます。パートナーはデコーダ ドライバを提供する必要があります。これは、今まで使用されていなかった新しい公開 API です。この機能にシステム UI や拡張機能を実装する必要はありません。

カスタマイズ

ユーザーは API を使用してこの機能をオンまたはオフにできます。オンの場合、デコーダはコーディング標準に基づいて(さらなる入力を待たずに)できるだけ早くデコードされたフレームを返し、画面をロックしないようにする必要があります。オフの場合、デコーダは電力の最適化を使用できるため、デコードされたフレームが厳密に必要な時間よりも遅れて返される可能性があります。また、ストールした場合はデコーダーの電源が切れることがあります。