Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

eSIM サポートのモデム要件

このページでは、eSIM チップまたはリムーバブル eSIM 4FF カードをサポートするために必要なモデム機能を紹介します。

全般的な要件

一般的な eSIM サポートのモデム要件は次のとおりです。ローカル プロファイル アシスタント(LPA)が適切に機能するには、これらの要件をすべて満たすモデムが必要です。

デフォルトの起動プロファイルを正しく処理する

eSIM で動作プロファイルまたはテスト プロファイルが有効になっていない場合、デフォルトの起動プロファイルが有効になる。モデムは、デフォルトの起動プロファイルが有効になっている eSIM を有効な SIM として認識し、カードが有効であることを上位層に報告して、SIM の電源を入れたままにする。

ターミナル機能を適切に送信する

電源投入時に、モデムが正しいターミナル機能を eSIM に送信する。ターミナル機能が、eUICC 機能(ローカル プロファイル管理とプロファイル ダウンロード)のサポートをエンコードする。

ETSI TS 102 221 Section 11.1.19.2.4「Additional Terminal capability indications related to eUICC」をご覧ください。バイト [1〜3] は、‘83’(Tag)‘01’(Length)‘07’(eUICC capabilities)とします。

(任意)eSIM OS OTA アップデートをサポートする

パススルー モードへの切り替えや OTA アップデート処理中の eSIM の電源維持など、eSIM OS の OTA アップデートに関するすべての要件をモデムが満たす。

HAL の要件

以下は、一般的な eSIM サポートに必要な API 実装です。

Radio HAL v1.1 の setSimPower の実装

モデムが setSimPower メソッドをサポートする。

IRadioConfig HAL v1.2 の getSimSlotsStatus の実装

スロットに eSIM が挿入されているかどうかを示す getSimSlotsStatus メソッドがモデムでサポートされている。

このメソッドは v1.0 で導入されました。v1.2 では、SimSlotStatusEID が含まれています。

IRadio HAL v1.4 の getIccCardStatus の実装

モデムが、getIccCardStatusResponse メソッドでカード ステータスのリセット応答(ATR)とスロット ID を提供する。このメソッドは v1.0 で導入され、v1.2 では ATR を含むように CardStatus が変更されました。v1.4 では、CardStatusEID が含まれています。

SIM ロックでの CardState:RESTRICTED の設定(補助ロック)

eSIM が SIM ロック(補助ロック)されている場合に、モデムが getIccCardStatusResponse メソッドでカードの状態を CardState:RESTRICTED に設定する。

(任意)IRadioConfig HAL v1.0 の setSimSlotsMapping の実装

モデムが、物理スロットから論理スロットへのマッピングを設定する setSimSlotsMapping メソッドをサポートする。LPA がこのメソッドを使用して、アクティブな SIM スロットを選択する。

ロギングの要件

eSIM の問題をデバッグするための一般的なモデムロギングの要件です。

ログキャプチャ

ロギングによって、プロセッサ間通信、SIM 機能、無線インターフェース レイヤ(RIL)ロギング、アプリケーション プロトコル データ ユニット(APDU)ロギングがキャプチャされる。

デバイス上のロギング

デバイスのソフトウェアが、デバイス上のモデムログをキャプチャするメカニズムをサポートしている。

ログ構成のサポート

デバイスのソフトウェアが、さまざまなモデムのロギング構成(レベル、モジュール)をサポートしている。これらの構成が、デバイス上のロギングと PC ツールベースのロギングの両方でサポートされる。

Android のバグレポート

バグレポートにモデムログ、ベンダー RIL ログ、エラー署名ログ、Android ログが含まれている。