Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

信号強度レポート

テレフォニー フレームワークは、さまざまな信号測定タイプを使用して、モバイルデータ ネットワークの信号強度をレポートします。レポートされた信号強度を利用することで、デバイス上の信号バーの表示方法を制御し、モデムの信号強度レポート基準をカスタマイズできます。Android 11 以降では、フレームワークが使用する各種の信号測定タイプをカスタマイズして、4G LTE および 5G NR の無線アクセス ネットワーク(RAN)の信号強度をレポートできます。

フレームワークは、信号強度をレポートする際、信号強度レポート基準、信号強度しきい値、信号レベルという 3 つの機能を使用します。この 3 つの機能は、Android とモデム ハードウェア間の通信方法に影響します。たとえば、モデムによる不必要な信号強度レポートを抑制することで、電力消費量を削減し、システムの健全性を高めることができます。各機能は次のように定義されます。

  • 信号強度レポート基準: Android によって定義される、モデムの信号強度レポートをトリガーする条件。
  • 信号強度しきい値: 信号レベルと信号強度レポート基準を提案する際に使用される 4 つの整数のリスト。
  • 信号レベル: 信号強度を示す 5 つのレベル(NONEPOORMODERATEGOODGREAT)。

複数の信号測定タイプのサポート

Android 11 以上を搭載したデバイスの場合、NGRAN(5G LTE)ネットワークと EUTRAN(4G LTE)ネットワーク向けに、以下の信号測定タイプをカスタマイズできます。各測定値は、3 つの機能(信号強度レポート基準、信号強度しきい値、信号レベル)で使用されます。

  • NGRAN(5G NR): SSRSRP、SSRSRQ、SSSINR
  • EUTRAN(4G LTE): RSRP、RSRQ、RSSNR

実装

各 RAN 用の信号強度レポート基準をデバイスで設定できるようにするには、setSignalStrengthReportingCriteria_1_5 ハードウェア インターフェースを実装します。RAN ごとに、複数の信号測定タイプがサポートされています。測定タイプのいずれのレポート基準も RAN に対して有効になっていない場合、その RAN 用のレポート基準は Android フレームワークによって定義されます。測定タイプのレポート基準が RAN に対して有効になっている場合、他の測定タイプのレポート基準は無効になります。

4G ネットワークおよび 5G ネットワークの信号強度しきい値を定義するには、以下の携帯通信会社構成キーを使用します。

RAN に対して複数の測定値を選択するには、以下の携帯通信会社構成キーを使用します。

検証

実装を検証するには、CarrierConfigManagerTesttestGetConfig CTS テストを使用します。また、setSignalStrengthReportingCriteria_1_5_* をテストする際は VTS を使用します。