Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

スモールセルのサポート

Android 11 以上を搭載したデバイスは、セルのクローズド サブスクライバ グループ(CSG)に関する情報を取得するセル識別 API のメソッドを介して、CSG をサポートします。これは、クローズド サブスクライバ グループを介してスモールセルを管理するモバイル ネットワーク事業者(MNO)にとって有用です。CSG に関する情報は、ClosedSubscriberGroupInfo クラスに示されます。

実装

Android 11 以上を実行しているデバイスで CSG をサポートするには、radio/1.5/types.hal に次の関数を実装します。

  • ClosedSubscriberGroupInfo: すべての CellIdentity インスタンスにオプションとして含まれています。この構造は、セルが属するクローズド サブスクライバ グループの詳細情報(存在する場合)を提供するために使用されます。通常は、個人向け LTE デバイスなどのスモールセルの識別に使用します。CBRS LTE などのデプロイメントでも使用できます。
  • CellIdentityLte: 追加の PLMN-ID のリストをサポートします。
  • CellIdentityWcdma: 追加の PLMN-ID のリストをサポートします。
  • CellIdentityTdscdma: 追加の PLMN-ID のリストをサポートします。
  • RegStateResult: 更新された CellIdentity 構造と、RPLMN を示すフィールドを含みます。

検証

実装をテストするには、CellInfoTest で CTS テストを行います。