Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

マルチゾーン オーディオ

自動車のリアシート エンターテイメント システムでマルチゾーン オーディオを使用する場合は、マルチゾーン オーディオをご覧ください。

デバイス メーカーは、自動車のオーディオ ゾーンにディスプレイをリンクできます。たとえば、メインのリアシート エンターテイメント ゾーンが 1 つある車の場合、デバイス メーカーはベンダー パーティションに次の設定を格納できます。


    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <carAudioConfigurations xmlns:car="http://schemas.android.com/apk/res-auto">
        <zones>
            <zone name="primary zone">
                <volumeGroups>
                    <group>
                        <device address="bus001_media">
                            <context context="music"/>
                        </device>
                        <device address="bus002_others">
                        ...
                        </device>
                    </group>
                </volumeGroups>
                <displays>
                    <display car:display="<display-id-1>" />
                </displays>
            </zone>
            <zone name="rear seat">
                <volumeGroups>
                    <group>
                        <device address="bus100_all">
                        ...
                        </device>
                    </group>
                </volumeGroups>
                <displays>
                    <display car:display="<display-id-2>" />
                </displays>
            </zone>
        </zones>
    </carAudioConfigurations>
    </xml>
    

CarAudioService はこの構成ファイルを解析し、起動時のオーディオ コンテキスト(またはオーディオ使用量)によってオーディオ ルーティングを設定します。CarAudioService は実行時にアプリの起動イベントを検出し、UID に基づいてアプリをゾーンに動的に割り当てます。

実装

デバイス メーカーが構成ファイルに格納できる固定 ID については、静的ディスプレイ ID をご覧ください。