Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

電源管理

電池の寿命は常にユーザーの関心事です。Android は、電池を長持ちさせるために、充電器に接続されていないときのアプリとデバイスの動作を最適化するために、新しい機能を提供し続けています。

Android は、電池を長持ちさせるために次のような機能を備えています。

  • アプリの制限。プラットフォームは、電池の寿命に悪影響を及ぼすアプリを知らせることができます。ユーザーは、そのようなアプリがリソースを消費しないように制限することを選択できます。デフォルトでは、アプリがバックグラウンドで制限を受けることはありません。
  • アプリ スタンバイ。プラットフォームは、使用していないアプリをアプリ スタンバイ モードにして、一時的にネットワーク アクセスを制限し、それらのアプリの同期とジョブを遅延できます。
  • Doze。ユーザーがデバイスを長時間積極的に使用していない(画面がオフでデバイスが静止している)場合、プラットフォームはディープ スリープ状態(通常のオペレーションを定期的に再開する状態)になります。さらに、Android 7.0 以降では、画面がオフでデバイスが静止していない状態でも、Doze によって最適化の軽量のサブセットがトリガーされます。
  • 除外。一般的に、プリロードされているシステムアプリとクラウド メッセージ サービスは、デフォルトでアプリ スタンバイと Doze から除外されます。アプリ デベロッパーは、インテントを使用して、これらの設定をアプリに適用できます。ユーザーは、設定メニューで、アプリ スタンバイと Doze の省電力モードから除外するアプリを選択できます。

アプリを除外する

アプリを Doze またはアプリ スタンバイの適用対象から除外できます。次のユースケースで、除外が必要になる場合があります。

  • Firebase Cloud Messaging(FCM)以外のクラウド メッセージング プラットフォームを使用するデバイス メーカー
  • FCM 以外のクラウド メッセージング プラットフォームを使用する携帯通信会社
  • FCM 以外のクラウド メッセージング プラットフォームを使用するサードパーティ製アプリ

警告: テストと最適化を回避するためにアプリを除外しないでください。不必要にアプリを除外すると、Doze とアプリ スタンバイのメリットが損なわれ、ユーザー エクスペリエンスが低下することがあります。プラットフォームによる電力消費の有益な制御が損なわれる可能性があるため、アプリの除外は最小限に留めることを強くおすすめします。除外したアプリの電力消費が多すぎるとユーザーが感じた場合、満足度とエクスペリエンスが低下し、アプリに対する否定的なレビューやカスタマー サポートへの問い合わせにつながる可能性があります。したがって、クラウド メッセージ ングサービスまたはそれと類似する機能を備えたアプリだけを除外し、サードパーティ製アプリは除外しないことを強くおすすめします。

デフォルトで除外されるアプリの一覧は、[設定] > [アプリと通知] > [特別なアプリアクセス] > [電池の最適化] で確認できます。このリストは、Doze モードとアプリ スタンバイ モードの両方からアプリを除外するために使用します。ユーザー対して透明性を高めるために、除外しているすべてのアプリを設定メニューに表示する必要があります

ユーザーは、[設定] > [アプリと通知] > [APP-NAME] > [電池] > [電池の最適化] でアプリを手動で除外し、次にアプリを選択して最適化をオフ(またはオン)にできます。ただし、システム イメージでデフォルトで除外されているアプリまたはサービスの除外をユーザーが解除することはできません。