Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Trade Federation で Android 用スクリプト レイヤを使用する

Android 用スクリプト レイヤ(SL4A)は、プラットフォームに依存しない方法で Android API を呼び出すための自動化ツールセットです。adb を介したリモート自動化と、一連の軽量変換レイヤを介したデバイスからのスクリプト実行の両方をサポートします。

プロジェクトは platform/external/sl4a にあります。

使用方法

SL4A の README に沿って、手動で SL4A をビルドおよびインストールできます。また、Tradefed を通じて実行する場合、いくつかのハーネス ユーティリティを利用することにより、簡単に使用できます。

ダウンロードとインストール

最初に、BT-discovery-sl4a.xml を確認してください。これは、2 つのデバイスを使用する Tradefed 構成のサンプルです。SL4A.apk は、tests フォルダ内のほとんどのデバイスビルドで使用できます。

上記の Tradefed サンプルは、ビルドを自動的に取得し、両方のデバイスをフラッシュして、両方のデバイスに SL4A.apk をインストールします。次のようにして実行できます。

source build/envsetup.sh
lunch
make sl4a
tradefed.sh run google/example/BT-discovery-sl4a

ビルド後は次のように実行します。

./tradefed.sh run google/example/BT-discovery-sl4a

SL4A を使用した Tradefed でのテスト作成

上記のテストサンプル(Sl4aBluetoothDiscovery.java)をご確認ください。このサンプルは、Tradefed テストで SL4A を使用するフローの良い例です。

SL4A API ドキュメント

SL4A で使用可能なコールバックの完全なリストを生成できます。SL4A ソース ディレクトリ(platform/external/sl4a/)から、次のコマンドを実行します。

python Docs/generate_api_reference_md.py

Docs ディレクトリには、SL4A で使用できる RPC 関数を含む ApiReference.md ファイルと、RPC 関数のドキュメントがあります。