Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Tradefed のビルド情報

TF のビルド情報は、テストの設定および実行用のリソースを格納するために広く使用されているオブジェクトです。デバイス イメージからテスト APK まで、すべてがビルド情報に保存またはリンクされます。これにより、テストからテストリソースにアクセスし、テストとテストリソースの取得を分離する、統一された方法が可能となります。

ビルド情報のプロパティ

ビルド情報オブジェクトの 2 つの主なプロパティは、属性とファイルです。

  • 属性 - #addBuildAttribute() で追加できます。ビルドのラベルと文字列情報を表します。属性を使用して、ビルドに関連する情報を格納できます。
  • ファイル: setFile() で追加できます。ファイルは呼び出しライフサイクル中にビルド情報によってトラックされ管理されます(たとえばシャーディング中に適切に処理されます)。これにより、テストでファイル システムについて把握する必要がなくなり、代わりに抽象化されたビルド情報オブジェクトを使用してリソースを取得するだけで済みます。

注: ファイルは、常に Attributes ではなく Files に、絶対パスとして保存する必要があります。属性は純粋な Java 文字列として扱われ、参照は呼び出しライフサイクルの一部で無効になる可能性があります。

マルチデバイスのビルド情報

複数のデバイスでテスト設定をセットアップすると、1 つのビルド情報オブジェクトがデバイスごとに存在するようになります。これにより、デバイス間でファイルのリクエストとターゲット設定が可能になります。

マルチビルドのビルド情報

複数のターゲットからビルドを必要とすることができます。この場合、1 つのビルド情報オブジェクトがターゲットごとに存在するようになります。これにより、任意のターゲットからファイルのリクエストとターゲット設定が可能になります。

proto 形式

ビルド情報は、protobuf 形式にシリアル化可能で、必要な場合にシステム間での使用が容易になります。