Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Tradefed のビルド プロバイダ

TF のビルド プロバイダは IBuildProvider インターフェースで表されます。インターフェースの任意の実装をテスト設定で使用できます。この柔軟な設計により、あらゆるタイプのシステムの操作が可能になります。

ビルド プロバイダは、セットアップとテストに必要なリソースがすべて入力されたビルド情報を作成します。

ローカルビルド プロバイダ

ローカルで実行する場合、次のような設定が考えられます。

  • ローカルで作成されたデバイス イメージを検出して使用する: LocalDeviceBuildProvider。これは通常、テストを実行する前に、ローカルで作成された Android イメージをフラッシュするために使用されます。
  • ローカルで作成されたテストケースを検出して使用する: BootstrapBuildProvider。これは通常、すでにフラッシュされ準備ができているデバイスに対してテストを実行するために使用されます。ローカルテスト中に Atest が使用するプロバイダです。

設定

オブジェクト タグ build_provider を使用します。次に例を示します。

<build_provider class="com.android.tradefed.build.BootstrapBuildProvider" />