Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

結果レポーターのサマリー

結果レポーターには、getSummary コールバックを介してサマリーを生成する機能があります。

他の結果レポーターは ITestSummaryListener インターフェースを介してすべてのサマリーにアクセスできるため、他のレポーターの結果を使用できます。

注: 結果レポーターは、Tradefed XML 設定での定義順に実行されます。そのため、レポーターは通常、自身の前で実行されているレポーターのサマリーにしかアクセスできません。これはあまり一般的なシナリオではなく、主な結果レポーターによって限定的に使用されます。