Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Tradefed 設定オブジェクト

Tradefed XML 設定が解析され、そこから Configuration オブジェクトが作成され、完全な設定が記述されます。

オブジェクトは IConfiguration インターフェースによって記述されます。XML で定義されたすべてのオブジェクトのインスタンスが含まれます。

こちらの例をご覧ください。

<configuration description="<description of the configuration>">
        <!-- A build provider that takes local device information -->
        <build_provider class="com.android.tradefed.build.BootstrapBuildProvider" />

        <!-- Some target preparation, disabled by default -->
        <target_preparer class="com.android.tradefed.targetprep.PreloadedClassesPreparer">
            <option name="disable" value="true" />
        </target_preparer>

        <!-- One test running some unit tests -->
        <test class="com.android.tradefed.testtype.HostTest">
            <option name="class" value="com.android.tradefed.build.BuildInfoTest" />
        </test>
    </configuration>
    

結果は次のようになります。

  • IConfiguration#getBuildProvider()BootstrapBuildProvider インスタンスを返す。
  • IConfiguration#getTargetPreparers()ITargetPreparer のインスタンスを含む PreloadedClassesPreparer のリストを返す。
  • IConfiguration#getTests()IRemoteTest のインスタンスを含む HostTest のリストを返す。

設定オブジェクト内のすべてのオブジェクトを XML 定義にマッピングできるため、通常は XML 定義を理解することで、どのような設定オブジェクトなのかを理解できます。