Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Tradefed の開発

このセクションは、Tradefed 開発者を対象としています。TF の拡張または新しいテストサポートの追加に関心がある場合は、このセクションをご覧ください。

オープンソース

Trade Federation のオープンソース版を使用する場合は、次のコマンドを使用して、Trade Federation の AOSP master ブランチをチェックアウトし、作成します。

cd <sourceroot>
    mkdir master
    cd master
    repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b master
    repo sync -c -j8
    source build/envsetup.sh
    tapas tradefed-all
    make -j8
    

詳細については、開発環境をご覧ください。

オープンソースの Trade Federation コードはすべて、AOSP の tools/tradefederation/ git プロジェクトに保存されています。コードを作成して変更を送信する際は、オープンソースのガイドラインを念頭に置いてください。

あるいは、Trade Federation を使用するテスト / ユーティリティを作成しているものの、フレームワーク自体には関わっていない場合は、承認を迅速化するために、Trade Federation contrib プロジェクトのいずれかで作業することを検討してください。

コーディング スタイル

Trade Federation は Android コーディング スタイル ガイドラインに従っており、インターフェース名の前に「I」を付けて明確化しています(例: ITestDevice)。

Eclipse を使用した開発

Tradefed の開発に Eclipse を使用することに関心がある場合は、環境設定のヒントについて Eclipse IDE の設定をご覧ください。

Tradefed のテストの実行

Trade Federation に変更を加えてテストする方法を探している場合は、Trade Federation のテストの実行をご覧ください。

アーキテクチャ

Tradefed の仕組みについて理解を深めるには、アーキテクチャのセクションをご覧ください。