Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

TF 開発環境

Trade Federation は AOSP とともに配布され、Android ビルドシステムを使用してバイナリを作成します。Android ソースツリーからパッケージをコンパイルし実行するためのビルド環境が確立されていることを確認してください。

Tradefed を作成する

Android ソースツリーのルート ディレクトリから:

    source ./build/make/envsetup.sh
    lunch <device-target>
    make tradefed-all -j8
    

Tradefed でのコーディング環境の設定方法については、Tradefed の開発をご覧ください。

Tradefed をダウンロードする

継続的インテグレーション ダッシュボードの [test_suites_x86_64] 列から、すぐに使用できる作成済みの Tradefed パッケージをダウンロードできます。[Build Artifacts] タブで tradefed.zip ファイルを探します。

解凍したら、解凍したディレクトリから直接 ./tradefed.sh を呼び出すだけです。

コマンドラインから実行する

Tradefed では、$PATHadb ユーティリティが必要です。

    export PATH=$PATH:<path/to/adb>
    

Tradefed が作成されていれば、tradefed.sh ランチャー スクリプトはパスからアクセスできます。Trade Federation コンソールを起動する手順は次のとおりです。

    tradefed.sh
    

これで Trade Federation の環境が設定されました。