Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

スイートとモジュールにオプションとフィルタを渡す

まず、Tradefed でのオプション処理を理解しておいてください。

スイートを設定するでは、スイート構造に存在する 2 つのレイヤについて説明しています。

  • トップレベル スイート
  • モジュール

スイート以外の Tradefed コンテキストでは、モジュールについて考える必要はありません。オプションはすべて完全な呼び出しになります。スイートのコンテキストでは、モジュールはスイートから分離されています。したがって、モジュール レベルですべてのオプションを利用できるわけではありません。

トップレベル スイートにオプションを渡す

トップレベル スイートは、標準の Tradefed 構成と同様に動作します。スイート ランナーを含む完全な構成は、スイート以外の Tradefed 構成と同様にすべてのオプションを受け取ります。

モジュールにオプションを渡す

モジュールは、デフォルトではコマンドに渡されるオプションを一切受け取りませんmodule-arg オプションを介してオプションを受け取るには、モジュールを明示的にターゲットにする必要があります。このようにモジュール オプションが分離されていることで、デバッグが容易になります。

例:

cts-tradefed run cts --module-arg <module-name>:<option-name>:<option-value>

cts-tradefed run cts --module-arg CtsGestureTestCases:collect-tests-only:true

この構文により、ターゲットにされたモジュールは指定されたオプションを受け取るようになります。

test-arg などのモジュールにオプションを渡す方法もあります。この方法では、テストランナーのタイプまたはクラスに基づいて、各モジュールのテストランナーにオプションを渡すことができます。

例:

cts-tradefed run cts --test-arg <test-class>:<option-name>:<option-value>

cts-tradefed run cts --test-arg com.android.tradefed.testtype.JarHosttest:collect-tests-only:true

この構文では、特定のモジュールをターゲットにするのではなく、指定されたクラスのテストランナーをすべてターゲットにします。test-arg は、IRemoteTest の実装のみをオプションを受け取る候補と見なします。

java_test_host の Java テストクラスにオプションを渡す

java_test_host ビルド ターゲットの一部として @Option を Java テストクラスに追加する場合は、このオプションを挿入するために以下を使用する必要があります。

cts-tradefed run cts --module-arg <module-name>:set-option:<option-name>:<option-value>

このコンテキストの set-option は、テストハーネスからの HostTest ランナーのオプションで、その実行のために Java クラスをラップします。

スイートにフィルタを渡す

スイートから一部のテストをフィルタするには、--include-filter または --exclude-filter を使用して、特定のテストまたはモジュールを強制的に選択するか、または除外します。除外が優先されます。

次の形式を使用します: [abi] <module-name> [test name]

例:

--include-filter CtsGestureTestCases

--include-filter armeabi-v7a CtsGestureTestCases

--include-filter armeabi-v7a CtsGestureTestCases android.gesture.cts.GestureTest#testGetStrokes