Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

障害発生時のログの自動収集

テストをデバッグするときは、障害とテスト対象デバイスの基本的な状況を把握するために、常に一揃いのログが必要です。ソースには、logcat、Tradefed ホストログ、スクリーンショットなどがあります。

テスト作成者がこれらのログを取得する手間を省き、汎用的な手段でログを取得できるようにするため、Tradefed にはログの収集に役立つメカニズムが組み込まれています。

構成

障害発生時にログを自動的に収集するには、Tradefed コマンドラインに次のオプションを追加します。

--auto-collect LOGCAT_ON_FAILURE
or
--auto-collect SCREENSHOT_ON_FAILURE

使用可能な値の完全なリストを確認するには、AutoLogCollector をご覧ください。

また、logcat とスクリーンショットには、それぞれ直接的なフラグがあります。

--logcat-on-failure
and
--screenshot-on-failure

スイート モジュール(AndroidTest.xml)に関する注意事項

モジュールは、このオプションを AndroidTest.xml で直接指定することはできませんが、代わりにモジュール コントローラを使用できます。