Android デバイスの開発

オープンソースのオペレーティング システムとして、Android はデバイスおよびチップメーカーに一般的なモバイル OS 機能用のインターフェースとして実装されるハードウェア抽象化レイヤ(HAL)を提供します。

この HAL が、移植性と永続性に優れた HAL インターフェース定義言語(HIDL)で提供されるようになりました。HIDL を使用すると、HAL を再構築せずにフレームワークを置き換えることができます。

オーディオ

Android のオーディオ用 HAL は、高レベルのオーディオ固有フレームワーク API と、基盤となるオーディオ ドライバおよびハードウェアを結び付けます。

カメラ

カメラのサブシステムには、カメラ パイプライン内のコンポーネントの実装が含まれています。一方、カメラ用 HAL は、こうしたコンポーネントのバージョンの実装に使用するインターフェースを提供します。

接続

このセクションでは、標準の Android 接続プロトコルの実装について、および Bluetooth、NFC、Wi-Fi、テレフォニーなどの関連機能の使用について説明します。

画像

Android フレームワークでは、グラフィックス ドライバのメーカーによる実装と連携する、2D および 3D 用のさまざまなグラフィック レンダリング API を提供しています。

インタラクション / 入力

Android のインタラクション / 入力サブシステムは、システムの複数のレイヤを走査し、自動車、ニューラル ネットワーク、周辺機器、センサー、テレビをサポートするイベント パイプラインで構成されます。

メディア

Android には、ネイティブ レベルのメディア再生エンジンである Stagefright が内蔵されています。これには、一般的なメディア形式のソフトウェアベースのコーデックが組み込まれています。

ストレージ

Android のすべてのバージョンは、従来のストレージをサポートしています。これは、Android 6.0 で導入された Adoptable Storage に対応しています。