Android ランタイム(ART)

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ART モジュールは、最新の管理対象ランタイムの最適化、機能、バグ修正をユーザーに提供することで Android の利便性を改善することを目的としています。ユーザーは、デバイスに搭載されたランタイムでエラーに悩まされることはなくなりました。またデベロッパーは、新しい機能のリリースを何年も待つことはなくなりました。ランタイムとライブラリの改善は、すべての Android パートナー間で共有されます。

Android ランタイム(ART)と Managed Core Library(libcore)は、ネイティブ ランタイム(Bionic)と ICU とともに Android 10 のランタイム モジュールの作業に含まれています。

Android 11 では、ART と libcore は更新不可能な APEX としてパッケージ化されています。Bionic と ICU(コードとデータ)はプラットフォームに保持され、更新可能性を改善するために ART から分離されています。

モジュールの計画

  • Android 12 では、ART モジュールは更新可能な署名付きの APEX です。

  • Android 11 では、ART と libcore は更新不可能な APEX としてパッケージ化されています。Bionic と ICU(コードとデータ)はプラットフォームに保持され、更新可能性を改善するために ART から分離されています。

  • Android 10 では、ART と Managed Core Library(libcore)は、ネイティブ ランタイム(Bionic)と ICU とともにランタイム モジュールの作業に含まれています。

モジュールの境界

プロジェクト名 目的
art モジュール プロジェクト
external/apache-xml モジュール プロジェクト
external/bouncycastle モジュール プロジェクト
external/okhttp モジュール プロジェクト
external/oj-libjdwp モジュール プロジェクト
libcore モジュール プロジェクト
libnativehelper モジュール プロジェクト
system/core/libnativebridge モジュール プロジェクト
system/core/libnativeloader モジュール プロジェクト

パッケージの形式

ART モジュールは重要なシステム コンポーネントであるため、APEX として出荷されます。APK 内のアプリとサービスを起動するには、ART モジュールが存在する必要があります。